スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

LINEを使うならLINEモバイルへの移行を検討してみてわ?

2018/02/20

10月1日にスタート予定だったLINEモバイルが前倒しで受付を開始しました。格安SIMの中では思いっきり後発なので、よっぽどひねりを加えてるだろうなーって言われていました。そしてLINEが提供するのにふさわしい内容になっていますのでこれでスマホを節約できないなかと検討してみました。

 

シンプルにプランは2種類3種類

気になるLINEモバイルのプランは次の2種類3種類です。

●LINEフリープラン(月額 500円~)
●コミュニケーションフリープラン(月額 1,180円~)

追記:LINEモバイルでは新たに「MUSIC+プラン」の提供も始まりました。
●MUSIC+プラン(月額 1,180円~)

名前をみれば何となくプランの内容が分かります。LINEフリープランは多分、LINEの接続が無料になるんだろうなーって感じです。コミュニケーションフリープランだとさらにLINE以外のサービスも無料になりそうなニオイがプンプンします(笑)

 

LINEが使い放題のLINEフリープラン

LINEフリープランはLINEの利用、「トーク」、「タイムライン」はもちろん、「画像や動画の送受信」、さらには「音声通話、ビデオ通話」が無料になるプランです。無料といってもLINEは元々無料サービスですが、LINE接続時のパケット代が無料になるということです。

無料になるLINEの機能

トーク
●テキストの送受信と音声メッセージの送受信
●スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
●無料通話
●ビデオ通話
タイムライン
●画面閲覧
●投稿
※画像、動画も無料になります。
その他
●スタンプのダウンロード
●着せ替えのダウンロード
●各種アカウント設定操作
●友だち一覧の表示
●友だち追加

また、データ通信料はLINEの利用時のパケットが無料になる上で1GBの高速データ通信ができて月額500円(税別)とかなりコスパが高いです。
※格安SIM最安がキャッチフレーズのDMM mobileが1GB 480円(税別)なことを考えると、LINE利用時のデータ通信料が無料である(加算されない)ことを考えると、LINEモバイルの方がお得感があります。

LINEフリープランのお得なポイントはSMS認証をしなくてもいい点です。LINEフリープランはデータ通信のみで音声通話やSMS送信ができないデータプランでサービスが提供されています。でも、LINEモバイルを利用することが本人確認として判断されているのか通常LINEを使う(登録)時に必要になるSMSでの本人認証がいりません。LINEモバイル契約者はSMS認証なしでLINEアプリのアカウントを作ることができます。

そして、ネット接続のデータ通信料が1GBを超えると速度制限がされますが、LINEの利用に関してはそのまま高速データ通信で使うことができるので、あまり気にならないかもしれないですね。

 

コミュニケーションフリープランはtwitter、Facebookも使い放題

コミュニケーションフリープランはLINEは使い放題になるのはもちろん、twitterやFacebook、Instagramのデータ通信が無料になります。

コミュニケーションフリープランでデータ通信料が無料になる機能

LINE
トーク、タイムライン、画像と動画の送受信、音声通話・ビデオ通話
twitter
タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画もOK)、ホーム・ニュース・通知の画面表示、メッセージ機能、プロフィール編集
Facebook
タイムライン・ニュースフィードの表示や投稿(画像、動画もOK)、リクエスト・お知らせ・その他の画面表示、プロフィール編集
Instagram
タイムライン・ストーリー表示や投稿(画像・動画もOK)、検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含もOK)、アクティビティの画面表示、ダイレクトメッセージのご利用、プロフィールの編集

※Facebook LiveやFacebookのMessenger、Periscopeを利用する場合は無料にならないので注意が必要です。

 

データ容量は4種類

コミュニケーションフリープランはLINEフリープランと違って、データ容量は1GBではありません。3GB・5GB・7GB・10GBから選ぶようになっています。
また、LINEフリープランでは基本データプランでの提供だったのに対し、コミュニケーションフリープランは基本データ+SMSプランか音声通話プランでのサービス提供になります。

コミュニケーションフリープランの価格表

データ量 データSIM(SMS付)
(データ通信+SMS)
音声通話SIM
(データ通信+SMS+音声通話)
3GB 1,110円(税別) 1,690円(税別)
5GB 1,640円(税別) 2,220円(税別)
7GB 2,300円(税別) 2,880円(税別)
10GB 2,640円(税別) 3,220

3GBあれば、ネット接続としては十分ですし、加えてLINE、twitter、Facebook、Instagramを使っている間のデータ通信料が無料になるのであれば、こういったサービスをよく使うユーザーには検討の余地があります。

 

MUSIC+プランで気軽に音楽三昧

MUSIC+プランはコミュニケーションフリープランと同様、LINE、twitter、Facebook、Instagramを使っている間のデータ通信料が加算されない上に、LINE MUSICの利用時もデータ通信が加算されないプランとなります。

 

コミュニケーションフリープランでデータ通信料が無料になる機能

LINE
トーク、タイムライン、画像と動画の送受信、音声通話・ビデオ通話
twitter
タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画もOK)、ホーム・ニュース・通知の画面表示、メッセージ機能、プロフィール編集
Facebook
タイムライン・ニュースフィードの表示や投稿(画像、動画もOK)、リクエスト・お知らせ・その他の画面表示、プロフィール編集
Instagram
タイムライン・ストーリー表示や投稿(画像・動画もOK)、検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含もOK)、アクティビティの画面表示、ダイレクトメッセージのご利用、プロフィールの編集
LINE MUSIC
「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の表示や利用、音楽や音声の視聴、音楽や音声のダウンロード

※Facebook LiveやFacebookのMessenger、Periscopeを利用する場合は無料にならないので注意が必要です。

 

LINE MUSICって?

LINE MUSICは有料で音楽が聴き放題になるLINEのサービスです。LINE MUSICを利用するためにはチケットを購入する必要があり、20時間あで音楽が聴き放題になる「ベーシックプラン(500円・税込)」と、無制限で音楽が聴き放題になる「プレミアムプラン(960円・税込)」の2種類になっています。

どちらのチケットも30日間の有効期限があるので利用には注意がいります。ちなみにLINEモバイルでMUSIC+プランを契約すると初回利用特典として「LINE MUSIC30日間無料チケット」が全員にプレゼントされます。

 

料金体系はコミュニケーションフリープランと同じ

MUSIC+プランの月額利用料の体系はコミュニケーションフリープランと同じ(もちろん金額自体は異なります)で、3GB・5GB・7GB・10GBのデータ容量から選び、「基本データ+SMSプラン」か「音声通話プラン」でのサービス提供になります。

MUSIC+プランの価格表

データ量 データプラン(SMS付)
(データ通信+SMS)
音声通話プラン
(データ通信+SMS+音声通話)
3GB 1,810円(税別) 2,390円(税別)
5GB 2,140円(税別) 2,720円(税別)
7GB 2,700円(税別) 3,280円(税別)
10GB 2,940円(税別) 3,520

データ量が増えれば増えるほど、MUSIC+をよりお得に利用できる価格設定になっています。

データ量 MUSIC+プランでのデータSIMの月額 コミュニケーションフリープランでのデータSIMの月額 差額
3GB 1,810円 1,110円 700円
5GB 2,140円 1,640円 500円
7GB 2,700円 2,300円 400円
10GB 2,940円 2,640円 300円

結局のところお得なの?

コミュニケーションアプリが無料になるのはいいのですが、LINEフリープランはともかくコミュニケーションフリープランは少し割高感があります。結局は自分がどれくらいLINEやtwitter、Facebookを使うのかにもよりますけど。

コミュニケーションツールでどれくらいデータ通信量が必要になるのか紹介しますので参考にしてください。

 

LINE

トーク機能 約50KB(0.05MB)※5回ずつ短いコメントをお互いに投稿、プラス5回ずつスタンプを投稿(合計20回の投稿)
トーク機能 約2KB(0.002MB)※500文字のメッセージを一回投稿した場合
音声通話 約0.30MB ※音声通話1分間の場合
音声通話 約18.0MB ※音声通話1時間の場合
ビデオ通話 約5.13MB ※ビデオ通話1分間あたり
ビデオ通話 約308MB ※ビデオ通話1時間あたり

 

Facebook

Facebook を同期 約50KB(0.05MB)
ニュースフィードを22個表示 約1.43MB
写真とテキストで近況を投稿 約0.14MB

 

twitter

twitter を同期 約0.1MB
タイムラインの表示 約0.81MB
ツイートを投稿 約0.63MB

 

まとめ

正直LINEフリープランはいいなと率直に思えます。でも、twitterやFacebookをそこまで使わない私にとっては、コミュニケーションフリープランはあまり必要ないなと思います。

LINEフリープランは特にLINEは音声通話やビデオ通話も無料になるので、電話代わりにもできるのがスマホにかかるお金を節約する上では結構ポイントになります。私の周りではLINEでの音声通話に抵抗のある友人が多いのであまり使えないかもしれませんが。

-格安スマホ(格安SIM)で節約
-, ,