スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

ドコモ・au・ソフトバンクの新プランを比較してみた

2019/06/05

2019年春に発表されたドコモとau、ソフトバンクの新プランについて調べてみましたが、分離プラン導入で安くなるかと思いきや我が家にとっては同じ、もしくは高くなることが分かってしまいました。

それは我が家があまりスマホでネット接続をしないからだと思います。キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)が分離プランで力を入れているのがインターネット回線をよく使うヘビーユーザー向けの割安感です。

そこで結果として、4割引を達成している感じがありますね。せっかくなので容量別に各社どれぐらい値段が変わって来るのかまとめてみました。

ちなみに調査した料金プランは各社で細かい違いがあるので以下の条件にしています。

 

条件1 音声通話は従量制(電話をかけた分だけ通話料を支払うプラン)で計算

条件2 1年限りの割引は反映しない(ゴチャゴチャしてしまうので)

 

一応、条件をそろえたところでどれだけ違いがでてくるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

ギガ別スマホ料金の比較(1GB~7GB)

まずは、あまりネット接続しない人向けのプランとして毎月のデータ容量が1GB~7GBの場合で料金を比較してみることにしました。ちょっと前まで7GBってヘビーユーザー的な立ち位置だったのに気が付けばあまり使っていない人向けていう感じになっています。

 

データ容量 ドコモ au ソフトバンク
1GB 2,980円 2,980円 3,980円
2GB 5,980円
3GB 3,980円 7,480円
4GB 4,480円 7,480円
5GB 4,980円 8,480円
6GB
7GB 5,980円 5,980円
7GB 5,480円※

 

ソフトバンクは分離プランの導入義務が正式に発表されてから新しいプランに変えていないので少し割高感があるのが特徴です。細かく違いはありますが、基本的にあまりネットを使わないユーザーについてはこれが限界といった印象です。

もし、今後ソフトバンクが新プランを発表したら、同じぐらいになるんだろうなとは思います。

しいて言えば注目は「※」の部分です。auフラットプラン7プラスは7GBの高速データ通信とSNSが使い放題のセットなのでお得感が出ていますね。

 

ギガ別スマホ料金の比較(大容量)

今回、各社が割安感を演出するために力を入れているのが10GB以上の大容量データプランです。以前は毎月10,000円超えていたようなプランを安くできていますから、これでいいでしょ?っていう思惑が見え隠れしますね。

 

データ容量 ドコモ au ソフトバンク
20GB 6,000円
25GB 7,150円
30GB 6,980円
50GB 7,480円
無制限 8,980円

 

大容量のデータプランを表にして比較してみると結構違いがでてくる印象がありますね。大容量の上限を30GBと考えてピンポイントにプランを作ったドコモと手数を増やす上、無制限プランまであるauが対照的に見えます。

そして、一番独自色を出しているのはソフトバンクと言えます。50GBという本当に使いきれないようなギガにしている上、その料金は毎月2GBよりも多くネットを接続する人であればギガモンスター+の方がオトクというかなり独特な設定です。

ちょっと動画を見るという使い方であれば、ひと月に2GBを超えるケースは出てきますから、一気に実質使い放題のギガモンスター+に誘導している力技は正直すごいですね。しかもSNSも使い放題ですから。

 

まとめ

キャリアの考えは恐らく多くの人に(お得な)大容量プランを契約してもらって、(通信費の)単価を上げたいのではないでしょうか。そのため、あまり使わない人向けのプランについては正直目新しさはありません。

だったら、その通信会社の目論見に乗っかるのもいいですが、通信費を節約したいと考えたら使っても使わなくても必ず支払わないといけないということを忘れてはいけません。

そのために重要になっているのが自分が毎月どのていどスマホでネットを使っているかどうかです。できれば何ギガぐらい使っているかを把握できていればどの会社がいいのか見えてくると思います。

例えば、1GBいかないのであればドコモかauどちらでもよくなってきますし、ソフトバンクは止めた方がよさそうなことが分かります。もちろん、格安SIMがもっと安いのは分かっていますけど、あくまでもキャリア3社内での話ですけどね。

ネットはスマホでしかしないのであれば、大容量プランも検討してみてもいいですが、正直20GBもあれば十分な気がします。多めに使ったらどうしようと不安に思う前に、普段どれぐらい使っているのかを請求書の明細などでチェックしておくと賢くプランを考えることができますね。

 

 

-auで節約, ソフトバンクで節約, ドコモで節約