スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

ソフトバンクモバイルのおてがるプランで節約できるかな?

先日、auのピタットプランに対抗したのか、ソフトバンクでも新料金プラン「おてがるプラン」がスタートしました。ピタットプランから結構日数が経っているので練りに練ったプランかなと思って検討してみました。

 

スポンサーリンク

まずは、おてがるプランを詳しく調べてみた

ソフトバンクの新節約プランであるおてがるプランは通話もデータもコミコミ価格で月額1,980円というのがウリ文句です。

画像を見たら分かりますが、最安値の月額1,980円で済むのはひと月に1GB以外でデータ使用量が抑えられた場合です。電話はもちろん5分以内の通話が無料になるかけ放題ライトプランですね。

まあ、ほぼauピタットプランと同じです。一方でauフラットプランと似たようなプランは新たに設定していないので、毎月あまりネット接続しない人に向けた節約プランだと思います。

 

気になるおてがるプラン加入のための条件や割引条件はなに?

ソフトバンクのおてがるプランは2年契約したらすんなり1,980円に割引されるわけではなく2年契約以外にも条件があります。

データ使用量 ~1GB ~2GB ~3GB
データ定額プラン月額料金 (おてがるプラン専用) 1,480円 2,480円 3,480円
スマ放題ライト 2,000円
おてがるプラン専用割引(1年間) -1,000円
おうち割 光セット -500円
合計金額(1年間) 1,980円 2,980円 3,980円
合計金額(2年目以降) 2,980円 3,980円 4,980円

上の表がソフトバンク おてがるプランの割引を表にしたものです。おてがるプラン専用のデータ定額プランに5分以内の国内通話がかけ放題になるスマ放題ライトを加えたものが基本的なプラン料金でそこから2段階の割引がある仕組みです。

スマ放題ライトは通常月額1,700円ですが、インターネット接続料300円をあらかじめ組み込んだ記載の仕方がしてあるわけですね。そして、おてがるプラン専用割引が1年間有効になって毎月1,000円月額料金が引かれます。

問題は次のおうち割 光セットです。

おうち割光セットは自宅のインターネット回線をソフトバンク指定のプランにした場合にスマホやケータイ料金が安くなる割引プランです。しかもプランによって割引になる期間が違います。

ソフトバンク指定のプラン 割引適用期間
SoftBank 光(ファミリー・ライト含む) 永年
SoftBank Air
Yahoo! BB ADSL
SoftBank ブロードバンド ADSL(Nexyz.BB)
SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
ケーブルライン
ひかりdeトークS(ケーブルライン)
NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
Yahoo! BB 光シティ
ホワイトBB 2年間
Yahoo! BB バリュープラン

この辺もauスマートバリューと絡めた割引があるauピタットプランとよく似ています。ということは自宅でYahoo! BBを使っている人が満額の割引を受けることができるプランということになります。

そうでない人は一年目であれば毎月2,480円、二年目以降は3,480円でスマホを利用できるわけですね。

データ使用量 ~1GB ~2GB ~3GB
月額利用料金(1年間) 2,480円 3,480円 4,480円
月額利用料金(2年目以降) 3,480円 4,480円 5,480円

ちなみに電話をよくかけるのであればスマ放題プランでもおてがるプランを適用することができるので、それぞれ利用料金が1,000円ずつ高くなって、こんな料金体系になります。

データ使用量 ~1GB ~2GB ~3GB
月額利用料金(1年間) 3,480円 4,480円 5,480円
月額利用料金(2年目以降) 4,480円 5,480円 6,480円

これまでのソフトバンクのプランと比較したら安くできていると思いますが、先行するauと比較したらあまり変わり映えのないプランという印象ですね。

 

新しくスマホを始める人にはおてがるプランはいいかも

おてがるプランで先ほど紹介した内容は対象者がソフトバンク内で機種変更をしようとした人やすでにスマホを使っている人、他社からののりかえ(MNP)する人を対象としたプランです。

これまでガラケーを使っていて初めてスマホにする人に対してはおてがるプラン専用割引が2年目以降も継続して、次回機種変更をするまで毎月1,000円割引されます。上記の1年目のプランがずっと続く感じですね。

そこはauと差別化されてガラケーからスマホへの変更を検討している人にはいい情報だなって思いました。

ちなみに初めてスマホを使う人というのは条件が決まっていて機種変更をする場合だったら今、ソフトバンクのケータイを利用していることが条件です。

ソフトバンクにのりかえ(MNP)する人の場合はそれまでに使っていた他社のガラケーを持っていて、かつ今までのりかえ前に使っていた電話番号がそのガラケーで表示できることが条件です。※のりかえ前のガラケーが故障して電話番号が表示できない場合も申し込みできないみたいなので要注意ですね。

新規契約で適用しようとおもったら、そのスマホを利用する人が6~18歳である必要があります。

 

まとめ

今までガラケーを使っていた人で、そんなにデータ通信を行わない人であればおてがるプランは検討してみてもいい内容だと思います。ただ、やっぱり誇大広告気味だなという印象です。自宅がYahoo! BBじゃなかったら実質の最安値が2,480円でしかも2年目からは2,980円なわけですから。

これだったら、ワイモバイルの方がむしろいいんじゃないだろうかと思ってしまいます。似たようなプランをau、ソフトバンクと出してきたわけですが、ドコモもそろえてくるんでしょうかね。少し気になります。

 

▼ワイモバイルのプランはコチラ▼

-ソフトバンクで節約