スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

スマホ(Moto G4 Plus)のゴーストタッチ事件簿

本記事執筆時(2018)、私が使っているスマホはMoto G4 Plus という機種です。スマホを買ったのは一年ぐらい前ですが、発売されたのはその1年以上前なので2年落ちの機種になります。

数ヶ月おきに新機種が発表になる最近のスマホの中で2年落ちの機種となるとニュースでも一切取り上げられることはありませんが、今でも十分に実用に耐えると思います。

電話も普通にかけられますし、メールやLINE、その他のアプリも問題なく使えます。ゲームアプリの場合は演出が多くなると動作が遅くなることもありますが、そこまでストレスが溜まることもなく使えています。

動画や画像についても支障なく表示されるので2年以上経過してもライトユーザーであれば、Moto G4 Plusは十分に実用に耐える機種だと思います。ただ一点を除いては。。。

スポンサーリンク

ゴーストタッチとは

私がMoto G4 Plusに感じる一番のストレスがゴーストタッチという現象です。ゴーストタッチとは以前も記事に書いたことがありますが、スマホの操作をしていないのに勝手にタップされたり画面操作をされる現象です。

個人的にたちが悪いと感じるのはゴーストタッチ現象が出始めたのがMoto G4 Plusを使い始めた直後ではなく、半年くらい経過してから症状がではじめました。

ゴーストタッチ自体は意外と知られている現象みたいで、検索してみるとMoto G4 Plus以外にも「iPhone」や「ASUS(Zenfone2)」、「Xperia」も出てくるので機種固有の現象ではないみたいです。

ゴーストタッチは先ほど書いたようにスマホを触っていないのに勝手に操作されるのですが、私のスマホでは具体的にはこんなことが起こりました。

 

ゴーストタッチ事件簿その1 勝手にタップされる

スマホにインストールされているアプリが勝手に起動して操作されてしまいます。例えばカメラアプリが勝手に起動して、シャッターが何枚も切られることがあります。

他のアプリでも同じようにアプリ内で勝手にボタンをタップしてしまいます。その間こちらの操作を受け付けることがあってもまた同じアプリが起動して同じ操作を繰り返してしまいます。

 

ゴーストタッチ事件簿その2 文字が勝手に削除される

メモ帳アプリを開いていると中に保存している文字が勝手に削除されることがあります。初めてその現象に出くわした時は本当にウィルスか何かかと思ったほどです。

勝手に削除されると必要な情報だった時には結構ショックです。。。

 

ゴーストタッチ事件簿その3 勝手に文字が入力される

スマホを起動する際にロック解除にパスコードを入力することがありますが、その時に特定の文字がよく勝手に入力されます。例えばパスコードは「1234」なのに入力画面で「9999999999999999999999999999」と触ってないのに入力されてしまいます。

パスコード入力する画面以外もWeb上でIDやパスワードを入力する画面でも同じようなことが起きることがあります。

 

ゴーストタッチ事件簿その4 勝手に電話をかける

個人的に一番いやなことです。勝手に電話をかけることがあります。見知らぬ番号をかけるわけではなく、アドレス帳内の番号から勝手にかけてしまうことがあります。

知り合いならまだいいのですが、仕事関係の相手だと結構焦ってしまいます。

特に慣れていない時には電源ボタンを押しがちですがそれだと実は通話は解除されないので、落ちついて通話切ボタンをタップすることですね。

 

ゴーストタッチに根本的解決方法なし、対処方法あり

このようになかなか地味にストレスをためて、地味に苦しめてくれるゴーストタッチ現象ですが、どうやら根本的な解決方法はないようです。でも、色々やっていて現在対処している方法をご紹介します。

 

一旦、ホームボタンにもどる

ゴーストタッチ現象が出たら、いったんホームボタンにもどります。それでもまた同じような現象が起きるようだったら一度電源ボタンを押して再度ホームボタンに戻ります。

その後、アプリ履歴を削除しています。アプリ履歴を削除する方法は機種ごとに違うので具体的な方法はネットなどでお調べください。

 

スマホを再起動する

ホームボタンに戻ったり、アプリ履歴を削除しても改善しない場合はスマホを再起動します。再起動方法は基本的にいったん電源を切って、再度電源を入れています。

それでもダメならセーフモードで再起動しています。セーフモードでの再起動方法は機種によって違うと思いますが、Moto G4 Plusの場合は電源ボタンを長押しすると「電源を切る」画面が表示されます。

「電源を切る」画面を長押しするとセーフモードで再起動するかを確認する画面が表示されるのでOKをすると自動的にスマホが再起動してセーフモードで起動します。いったんセーフモードで起動したら再度スマホを再起動します。

今のところ、このいずれかの対処方法でいったんはゴーストタッチ現象は収まっています。

 

まとめ

ゴーストタッチが発生する場面に何度も遭遇して思ったのはどの場合もスマホが熱くなっているなということです。スマホ内の温度が高くなることでの熱暴走の一種なんだと思います。

となるとスマホを冷やすことも解決策の一つなのかもしれませんが実用的ではありませんよね(笑)

スマホの熱が熱くなるのはやっぱり処理に負荷がかかりやすいゲームアプリを使っている時のような感じがします。逆に言えば、電話とメール、LINEをちょっとしか使わない人はゴーストタッチは気にしなくてもいい現象かもしれませんね。

しかしなぜ半年たってからこんな現象が発生するのかは分かりませんが、だからこそ個人的にはスマホは新品よりも発売されてから期間がたったものの方がいいのかもしれないなと思っています。

【関連記事】スマホ本体は型落ちの方が安くていいじゃないかと思った理由

購入直後は買って一週間かそこらでみんなレビュー記事をネットにアップしたりしています。でも、そのぐらいの期間だとその機種のデメリットはあまり見えてこないことが多いです。

半年や一年くらい経つと、ネットでも不具合のレビュー記事や口コミ情報が増えてくるので安心して使うにはそちらの方がいいのかもしれません。

アマゾンあたりだとその辺の口コミ情報がよく掲載されているので欲しい機種があったら、購入前に口コミ情報をチェックされると失敗がなくていいのではないでしょうか。

Amazonでの「スマホ」検索結果

 

-その他で節約