スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

2台持ちにしたのに通信費が安くなったお話し

時はさかのぼりますが、知人はガラケーユーザーでした。電話をよくかける人で携帯電話の支払いは毎月13,000円~14,000円でした。少しでも節約しようと思ってか、プランはソフトバンクのホワイトプランでした。

ガラケーなのでネットはほとんど接続せずメールをやり取りする程度でしたが、それでもこの金額です。個人的には毎月1万円以上、携帯電話にかけるのは信じられないですが、事実なので仕方ありません。

1台目(ガラケー) 2台目 合計金額
13,000円 - 13,000円

 

カケホーダイのおかげで2台持ちでも3分の1以下

そんな中、ドコモが電話かけ放題プランの「カケホーダイ」が始まるというニュースを耳にしました。当時は無制限の電話かけ放題になるプランはなかったので、その知人に知らせてすぐに契約させました。

ソフトバンクからドコモに乗りかえできればベストでしたが、ソフトバンクでもメールをまだしているからと乗り換えは否定的だったので、仕方なくドコモのガラケーを一台追加しました。

ドコモのガラケーはメールを使わない電話機能を使うため、ドコモに支払うお金はカケホーダイプランの基本利用料2,200円のみです。それにソフトバンクの月額利用料を加えると3,900円と4,000円を切るようになりました。

ソフトバンクは電話をかけなかったら、1,700円くらいにまでなってしまいました。ほとんどメールもしなくなっていたんだと思います。

1台目
(ガラケー・ソフトバンク)
2台目
(ガラケー・ドコモ)
合計金額
1,700円 2,200円 3,900円

やれることは変わらず、月々の支払いが3分の1以下になってしまうわけですから、電話をよくかける人にとってはカケホーダイプランはとてもありがたいプランでした。

ドコモの発表後、au、ソフトバンクもすぐにかけ放題プランを提供し始めたのは当たり前かもしれません。

 

その後、ガラケー・タブレットの2台持ちへ

ドコモのカケホーダイプラン提供後、ガラケーの2台持ちが続いた知人ですが周りを見渡してあることに気づきました。

「みんなスマホかタブレット持ってる。」

メールもますます使わなくって、Facebookのメッセンジャー機能でやり取りすることが増えていたようです。そういう人、多いんじゃないでしょうか。

それで「タブレット、持ちたい」と言ってきたので、色々話してみると、電話はドコモのガラケーで済ませられるから、ソフトバンクは要らなくなった様子。メールもほとんど使っていないようです。

そこで格安SIMをすすめて、楽天モバイルの3.1GBプランをデータプランで契約することになりました。するとタブレットは画面も大きくて使いやすい様子。しかも月額利用料もさらに少し下がりました。

1台目
(ガラケー・ドコモ)
2台目
(タブレット・楽天モバイル)
合計金額
2,200円 900円 3,100円

 

まとめ

通信費の流れをみると「13,000円 ⇒ 3,900円 ⇒ 3,100円とずいぶんな節約になりましたが、ここまでの期間、4年くらいだったと思います。ずいぶん世の中が変わってきたのだなと思います。

最初から見ると月々の支払いが10,000円近く安くなったわけですから、1年間だと12万円の違いはとんでもない差ですね。

それにしても電話をよくかける人であれば格安SIMを利用することで、ガラケーとタブレットの2台持ちでもかなり節約できなとつくづく感じます。

ちなみにタブレットはファーウェイの安いやつをセットで契約しました。月々1,000円未満の支払いだし、性能も少し低そうな型落ちでしたけど、タブレットを見せてもらったところ十分にきびきび動いていました。

常に最先端を目指すスペックマニアじゃなければ型落ち品でも十分に利用できると思います。

 

-格安スマホ(格安SIM)で節約, 楽天モバイル