スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

auスマートバリューがなければピタットプランは安くない?

2018/03/29

CMの三太郎でauピタットプランをよく見ます。「1,980円でかけ放題!」そんな売り文句ですごい契約数が伸びているそうです。

かけ放題といっても、すぐに思い浮かべる「無制限の電話かけ放題」ではなく、「5分までの通話がかけ放題」なわけですが、それでも1年間が毎月1,980円は安いですし、2年目以降の2,980円/月でも安い部類には入ります。

電話をあまりかけない人なら安くできていいのかなと思いますが、auピタットプランの詳細をじーっと眺めて気づいたことがありました。

 

スポンサーリンク

auスマートバリューってなんじゃ?

この間、auを使っている知り合いから携帯電話の費用を節約したいという相談を受けたので、auのプランを検討してみました。個人的にはもちろん格安SIMを推していますが一応auのままで安くできるならMNPの費用もいらないのでコストを抑えられるならそれにこしたことはないのでauもきちんとチェックします。

auでプランを検討する時には今は「auピタットプラン」は欠かせません。なのでauピタットプランの詳細をじーっと見てみました。(ちなみにあまりネットを使わない人なのでauフラットプランはノーチェックです)

auピタットプランの一番安い構成の「5分までの電話かけ放題」と「1GBまでのデータ通信」で月額1,980円がどういう割引になるのか調べてみました。

auピタットプラン
データ利用量 1GB未満の場合
2契約(誰でも割)適用時の
月額利用料金
3,480円/月(消費税別)
auスマートバリュー ずっと-500円/月
ビッグニュースキャンペーン 翌月から1年間
-1,000円/月
合計金額 1,980円/月(消費税別)

まず、最安料金の月額1,980円にしようと思ったら、基本が2年契約で誰でも割を適用しないといけません。2年契約はいいとして、誰でも割ってなんでしょう?

「誰でも割」は2年契約、かつ2年単位で自動更新される割引になります。ちなみに2年契約で自動更新がない割引もあって誰でも割ライトというそうです。割引金額がちょっと少なくなるようですね。

次にひとつ飛ばして、「ビッグニュースキャンペーン」は機種変や新規契約時にauピタットプラン(もしくはauフラットプラン)に申し込んだ場合に適用される割引で期間限定ですけど延長されました。

そして気になるのが「auスマートバリュー」の割引きです。ずっと毎月500円割引してくれるけど、auスマートバリューってなんでしょう?

 

実質、月額利用料は2,480円なんじゃないの?

auスマートバリューは簡単にいうと、お家でauのネットや電話を使っていて、auのスマホ(携帯電話)も一緒に契約していると割引してくれるサービスです。

auのネットにはJcomも含まれるみたいなので、ケーブルテレビに加入していてインターネットも契約していたらOKになる場合もあります。

いずれにしてもauのスマホを持っているだけではauスマートバリューは適用されないということですね。

それを考えるとお家でauのインターネットを引いてなかったり、ケーブルテレビにも入っていなくて、auスマホを持っているだけの場合は500円の割引は受けられないのでauピタットプランでも月額利用料が2,480円(1年目)になってしまいます。

2年目はビッグニュースキャンペーンの割引もなくなるので、毎月のスマホのお金は3,480円です。

というか、この金額になる人が多いんじゃないの?

キャリアの割引って本当に裏があるなと思いますね。

 

auピタットプランで月額1,980円にする方法

この間まで気づきませんでしたが、auピタットプランで月額1,980円にする方法が実はあります。先日、auショップに行った時に店員さんが教えてくれました。

というより、本当は父が使っているガラケーのプラン変更に行ったんですが、話をしている内にこちらに営業をかけられてしまいました(笑)決算時期だったので売上を増やしたかったんでしょうね。

auピタットプランで月額1,980円にする方法はシンプルプラン(電話をかけた分だけ通話料を支払う従量制)で1GBまでの高速データ通信の組み合わせです。

auピタットプラン
データ利用量 1GB未満の場合
2契約(誰でも割)適用時の
月額利用料金
2,980円/月(消費税別)
auスマートバリュー
ビッグニュースキャンペーン 翌月から1年間
-1,000円/月
合計金額 1,980円/月(消費税別)

最終的な月額利用料金は、auピタットプランの「スーパーカケホ(5分までの電話かけ放題)」と「1GBまでのデータ通信」の組み合わせと同じですが、auスマートバリューの欄がポイントです。

スーパーカケホでのauスマートバリューの場合、500円割引が適用されて月額利用料金が1,980円でした。でも、auスマートバリューを適用できる人はそこまで多くない可能性があります。

確実にauピタットプランで月額利用料金が1,980円になるのはシンプルプランでのauピタットプラン(データ使用量は1GBまで)のみということになります。

 

auピタットプランはやっぱりそこまで安くない

一見、安く見えるauピタットプランの月額利用料1,980円ですが、これはあくまでも最初1年間の料金です。2年目以降はビッグニュースキャンペーンが適用されなくなるので月額利用料金は2,980円になります。

しかも電話料金はかけ放題ではなく通話料が別途必要になる上、高速データ通信は1GBまでになります。(それ以上、ネット接続すると使った分だけ利用料金が増えるプラン(仕組み)です)

ってことはやっぱり格安SIMの方が安くできそうです。例えば、楽天モバイルなら3.1GBの高速データ通信がついて月額1,600円です。1GBの高速データ通信で考えるとDMMモバイルだったら月額利用料金1,260円です。

会社名 データ通信量 月額利用料金(税別)
楽天モバイル 3.1GB 1,600円
DMMモバイル 1GB 1,260円

※各通話プランは従量制

格安SIMはauピタットプランと違って、基本的に2年目以降もこの金額のままなのでお得感はさらに増していきます。上記のプランを比較したらこんな感じになります。

プラン名 1年間のプラン利用料金合計 2年間のプラン利用料金合計
auピタットプラン
(シンプルプラン+1GB)
23,760円 59,520円
(差額:―)
楽天モバイル
(通話SIM+3.1GB)
19,200円 38,400円
(差額:21,120円)
DMMモバイル
(通話対応SIM+1GB)
15,120円 30,240円
(差額:29,280円)

auピタットプランと格安SIM(楽天モバイル、DMMモバイル)を比較すると2年間で20,000円以上も節約できます。電話をほとんどかけないという人であれば、格安SIMにした方がスマホの通信費を安く抑えられそうです。

 

まとめ

auピタットプランは他のキャリアに比べれば月額利用料金が安く抑えられることは確かだと思います。でも、よく調べてみると格安SIMと比較してみたらそんなに安くないことに気づきます。

それでもauピタットプランのおかげでauの契約者数はかなり増えたと言います。ということはなんだかんだ言って、テレビコマーシャルの影響ってまだまだ大きいんだなって感じてしまいます。

【関連】スマホ(携帯電話・ガラケー)通信費を節約したい時のチェックポイント3つ

 

-auで節約