スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

カウントフリーで特定のアプリを使いたおす

ポケモンGOのリリースぐらいからでしょうか、格安SIMで特定のアプリの通信量をカウントしないサービスがリリースされるようになってきました。(もしかしたら、それ以前からあったかもしれませんが、その時期な印象です)

ポケモンGOやLINEがその多くですが、もし特定のアプリをよく使っているというのであればプランを一番安いものにし、そのアプリを使いまくるっていう使い方もできるわけです。ちょっと興味が出てきます。

そういったサービスをカウントフリー(ゼロレーティング)というそうですが、仕組みはどうあれ、使えそうなら使うにこしたことはないわけです。やりようによってはかなりの節約になりそうですしね。

現時点では4社ほどの格安SIMがカウントフリーを提供していましたのでご紹介します。
 
 

スポンサーリンク

BIGLOBE SIM(エンタメフリー・オプション)

BIGLOBE SIMではエンタメフリー・オプションとして音楽や動画に特化して高速データ通信にカウントしないオプションを提供しています。

対象サービス(2016年11月現在)

YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV(対応予定)※対象サービスは拡大予定

オプション金額と利用可能プラン

音声通話SIM 480円/月(税別)  データSIM 980円/月(税別)

オプションをつけられるプラン ライトSプラン、12ギガプラン (シェアSIMでもOK)
※ライトSプランの月額 データ通信SIM 1,450円 / データ通信+SMS 1,570円 / 音声通話SIM 2,150円(いずれも税別)
※12ギガプランの月額 データ通信SIM 2,700円 / データ通信+SMS 2,820円 / 音声通話SIM 3,400円(いずれも税別)

エンタメフリー・オプションの注意事項

エンタメフリー・オプションは利用に際していくつか注意事項がありますが、気になったものを記載します。

● 各サービスの有料コンテンツ、プランは各自の支払いが必要。(当たり前ですね)
● Apple Musicのビデオの再生は、無料の対象にはならない。
● テザリング機能を経由して複数の端末で動画や音楽を同時再生する場合は無料対象にならない場合がある。(含みをもたせた微妙な表現ですね)
● 動画や音楽のアップロードは無料対象外になる場合がある。
● 大容量のデータを長時間使用した場合は、通信速度を一時的に制限する場合がある。(このへんは通常のデータ通信と同じ考え方ですね)
 
 

DTI SIM(DTI SIM ノーカウント)

ポケモンGOがリリースされた直後くらいにDTI SIMがポケモンGOのデータ使用量を一年間無料にするプランを提供するとニュースになりました。

ですが、本記事執筆時でもまだリリースされていません。代わりに「DTI SIM ノーカウントβ」というプランが提供されています。

DTI SIM ノーカウントβはカウントフリー機能はないのですが、代わりにポケモンGO使用量相当のデータ通信量として5GBを無料で提供するというプランです。簡単に言えば5GBプランなのですが、10GB分の高速データ通信ができます。

この5GBは、DTI SIMが決めたもので「Pokémon GO」のデータ通信量を1時間あたり約20MBと仮定して、平日は5時間ぐらい、休日は16時間ぐらい使うと一ヶ月(30日間)利用したら5GBくらいになるという計算の元に成り立っています。

プラン金額

音声通話SIM 1,920円/月(税別)  データSIM 1,220円/月(税別)  データ+SMS SIM 1,370円/月(税別)

DTI SIM ノーカウントβの注意事項

DTI SIM ノーカウントβは、基本的にはDTI SIM ノーカウントがスタートするまでの期間限定プランになります。そのため、DTI SIM ノーカウントが提供されるとDTI SIM ノーカウントβは利用できなくなります。

FREETEL SIM(各種SNS無料)

最近、とても攻めている印象のあるFREETELですが、カウントフリーについても攻めている感じデス。基本的に全プランでLINEやポケモンGOが無料になります。そして、プランによってはカウントフリーになるサービスが増える仕組みです。

対象サービス(2016年11月現在)

定額プラン、使った分だけ安心プランの全プラン AppStore、LINE、WeChat、WhatsApp、ポケモンGO
定額プラン3GB以上 ツイッター、フェースブック、メッセンジャー ※提供開始は2016年12月予定
定額プラン5GB以上 インスタグラム ※提供開始は2016年12月予定

しかも、FREETEL SIMでは各種SNS無料に関して、これといった注意事項の記載がありません。もちろん大きなデータのやり取りを頻繁にすると速度制限の対象になるんでしょうけど。。。

LINE MOBILE(LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン)

LINEを運営するLINE MOBILEには基本的に2種類しかプランがありません。そして、その2プランともカウントフリーのプランになります。

各プランの詳細

LINEフリープラン LINEの通話とトークが使い放題
コミュニケーションフリープラン LINEとツイッター、フェースブック、インスタグラムが使い放題

LINE MOBILEの注意事項

● LINEアプリ内のリンクから外部サイトへアクセスした場合は無料対象外になる。
● LINE LIVE 機能は無料対象外になる。
● ツイッター、フェースブック、インスタグラムから外部リンクへアクセスした場合は無料対象外になる。
● Facebook LiveとMessengerの利用は無料対象外になる。
● ツイッターのPeriscopeの利用は無料対象外になる。
● ツイッター、フェースブック、インスタグラムはアプリだけでなくWebからの利用でも無料対象になる。

まとめ

FREETELのカウントフリー機能への攻めっぷりが際立っているように思えますね。無料オプションでカウントフリー機能がついてくるとは。ただ、注意事項についての記載がないのはかえって不安感もあるのでもし禁止事項等があれば分かりやすく提示してもいいかもしれません。

基本的にLINEやツイッター、フェースブックといったSNSは文字がメインになるサービスなので実は思ったほどデータ通信料は多くありません。でも、動画にあると違います。データ量は段違いに増加します。

そんな中でオプションでYoutubeのカウントフリーを提供するBIGOLBE SIMは正直見直した感がありますね。

スマホの利用者によってよく使うサービスは様々です。LINEを主に使う人もいれば、フェースブックで十分という人もいます。自分の用途がよくわかっていたらこういったサービスを利用してスマホの通信費を節約するといいですね。

カウントフリー機能はキャリアではみないサービスなので、格安SIMの良さがよく表れているなって思います。

-格安スマホ(格安SIM)で節約
-, , , , , , , ,