スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

Amazon MasterCardクラシックはAmazonユーザーなら持っとけ

2017/02/06

ネットショッピングの売り上げトップ3はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングだそうです。3強かと思いきや2位楽天市場とYahoo!ショッピングの間は結構あるみたいで事実上は2強という話です。ネットビジネスをしている人はもちろん、よくネット上でお買い物をする人もAmazonか楽天市場のどちらかをメインにショッピングに使っている人が多いんじゃないかと思います。

Amazonポイント、知っていました?

ネットショッピングをしていると必ずといっていいほどポイント表示を見かけます。小さなネットショップでも独自のポイント制度を使っていたりしています。購入金額にポイントをつけることでお客さんの囲い込みをしている感じですね。楽天市場やYahoo!ショッピングでも楽天スーパーポイントやTポイントがつきますし、ポイント●倍セールみたいな感じでお得にポイントを獲得できることをアピールしているのをよく見かけると思います。

一方で、Amazonはあまりポイントについて大きく宣伝しない印象ですが、実はポイント制度があります。Amazonのポイントについてみなさんは既に知っているかもしれませんが、私は何度かAmazonを利用しているものの最近まで気づきませんでした。それくらい目立たないんですよね。

Amazonのポイント制度

Amazonのヘルプによるとポイントがつく比率は商品ごとに違うんだそうです。ちなみにポイントを使う時は1ポイント=1円分として使えます。このへんは他社のポイントと同じですね。

アイテムによってはポイントが5%つくものや10%つくものがありますね。意外と知らないものです。そして、Amazonのポイントには1年間の有効期限があります。1年間経過してもAmazonポイントを使わなかったらそのポイントはなくなってしまうので注意が必要です。(ただし、新規注文やAmazonポイント獲得毎に全てのポイントは有効期限が自動的に1年間延長されるので有効期限に気づかない人が多いかもしれません)

ポイント集めは効率的に

もし、Amazonをよく利用しているのであればせっかくですから効率的にポイントを獲得できた方がいいと思います。商品の支払いにクレジットカードを使っているのであれば、「Amazon MasterCard」を持ってみるのもいいかもしれません。

「Amazon MasterCard」はその名の通り、三井住友カード株式会社が発行しているクレジットカードで「Amazon MasterCardクラシック」と「Amazon MasterCardゴールド」の2種類があります。

この内、「Amazon MasterCardゴールド」はAmazonプライムが無料になったり、ポイントが2%分還元されたりと待遇がよいのですが年会費10,800円と有料です。もう一つの「Amazon MasterCardクラシック」も年会費1,350円(税込)ですが年会費を無料にする方法があります。

Amazon MasterCardクラシックの年会費を無料にするには

Amazon MasterCardクラシックは上述したように年会費が1,350円ですが、初年度は無料になります。更にAmazon MasterCardクラシックを契約してから一年以内に一回以上このクレジットカードを使って買い物をするだけで次年度の会費も無料になります。Amazonをよく使うのであれば年に一回はショッピングするでしょうから、実質年会費無料でクレジットカードを使うことができます。

入会するだけでポイント追加

Amazon MasterCardクラシックは入会するだけでAmazonポイントが2,000円分もらうことができます。年会費実質無料の上に2,000円もらえるわけです。

ポイント1.5倍

Amazon.co.jpでの支払いにAmazon MasterCardクラシックを使うと1.5%分のAmazonポイントをもらうことができます。通常の1.5倍のスピードでポイントを貯めることができるわけです。貯まったポイントはAmazonで使えるわけですからAmazonユーザーであれば必須のカードと言えます。

Amazonプライムでポイント2.0倍に

有料のAmazonプライム会員であればAmazon MasterCardクラシックで決済した時のAmazonポイントが2.0%に増えます。Amazonプライム会員はAmazonが配信している動画や音楽が利用し放題になったり、スマホなどで撮影した写真を無制限保存することができるストレージを利用できたりと様々な特典を受けることができるサービスです。

また、Amazonプライムには送料無料サービスもあります。多くのWebショップでは送料が5,000円や10,000円以上になると送料が無料になって、それ未満だと意外と送料がかさみます。でも、Amazon.co.jpは2,000円(税込)以上で送料が無料(商品代金が1,999円(税込)以下の場合は送料350円)になるので、あまり送料のことを気にしなくてもいいのも特徴ですが、Amazonプライムに入ると注文の合計金額が1,999円以下でも送料が無料になります。

Amazonプライムは年会費が消費税込みで3,900円なので月に一回でもAmazon.co.jpでお買い物をすれば元を取ることができますし、上記のような様々なサービスも利用できます。

Amazon.co.jp以外でもポイント追加

Amazon.co.jp以外でもMasterCardを使えるお店やネットショップでAmazon MasterCardクラシックを使って決済する場合は1%分のAmazonポイントをもらうことができます。残念ながら1.5%ではありませんが、電気代や電話代など毎月必ずかかってくる費用にこういうクレカを使うことでよりポイントが貯まりやすくできます。

その日の内にカード使用

クレジットカードは通常入会してから実際のカードが届くまで約半月程度そのカードを使うことができませんが、Amazon MasterCardは入会後カードが届くまでの間、「Amazonテンポラリーカード」というものすぐに発行してくれます。そのカードがあれば通常のクレジットカードと同じようにショッピングに使うことができます。早くクレジットカードを利用したい時やポイントを少しでも早く少しでも貯めたいという方には便利です。

まとめ

Amazon.co.jpは「ポイント〇倍セール」といったキャンペーンをあまり行わない分、楽天市場やYahoo!ショッピングなどにくらべてでのポイント加算少ないと感じます。でも、両者のアイテムを見比べてみると意外とAmazon.co.jpの方が安い商品が多いように思います。少なくとも私が欲しい商品の多くは楽天市場やYahoo!ショッピングに比べてAmazon.co.jpの方が少し安いです。なのでポイント分は実際の価格との差で相殺されていると考えた方がいいのかもしれません。

Amazonを利用することで価格の時点ですでに安く購入できて得しているので、「Amazon MasterCardクラシック」を利用してクレジットカードでもポイントを多めにもらうことができて、更にラッキー的な気分で味わうのも一興ではないでしょうか。

-お得なクレジットカード
-, ,