スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

格安SIMのiPhone 7 への対応状況(10月6日現在)【2月12日追記】

2017/02/12

計算してみるとiPhone 7と格安SIMでもスマホの通信費はかなり節約できます。でも、格安SIMがiphone 7に対応しているかどうか分からず不安に思っている人が多いと思います。そんな理由で躊躇している人も多いと思います。大手キャリアの場合は、自社で提供しているから対応しているのは当然ですから余計に気になるかもしれません。
 
それは大変もったいない。なので主要な格安SIM(MVNO)のiPhone 7/iPhone 7 Plusへの対応状況を調べてみました。
 
 

格安SIM主要19社の対応状況

格安SIM側もiPhone 7 を販売するのにハードルは高いにしても対応はしているので、その結果を動作確認機種としてホームページに掲載しています。今回は数ある格安SIMの内、主な19社の対応状況をまとめてみました。
ただし、表は10月7日現在の状況ですので、随時更新していきたいと思います。【2017年2月12日追記:表を更新しました】
  

 
iPhone7
iPhone7 Plus
SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版
楽天モバイル
OCNモバイル
IIJmio(タイプD)    
IIJmio(タイプDA)    
mineo(Dプラン)
mineo(Aプラン)    
BIGLOBE SIM
イオンモバイル    
FREETEL
DMMモバイル
UQ モバイル        
nuro モバイル    
Nifmo      
Uモバイル    
b-mobile    
エキサイトモバイル    
DTI SIM
ぷららモバイルLTE    
LINEモバイル
ロケットモバイル        
もしもシークス        

iPhone5、6でも調べてみました

格安SIMがユーザー数を伸ばしてきて以降、格安SIMでiPhoneを使う人も増えてきたと思います。でも、最新のiPhone7は高いため、型落ちになるiPhone5やiPhone6を使う人もいます。

そんな方のために、iPhone5シリーズ、iPhone SE、iPhone6シリーズでの格安SIM各社の動作確認状況も調べました。

iPhone6 シリーズの動作確認状況

  iPhone6 iPhone6 Plus iPhone6s iPhone6s Plus
SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版
楽天モバイル
OCNモバイル
IIJmio(タイプD)
IIJmio(タイプDA)        
mineo(Dプラン)
mineo(Aプラン)
BIGLOBE SIM
イオンモバイル
FREETEL
DMMモバイル
UQ モバイル
nuro モバイル
Nifmo      
Uモバイル      
b-mobile    
エキサイトモバイル
DTI SIM      
ぷららモバイルLTE    
LINEモバイル
ロケットモバイル            
もしもシークス

◆ au版のスマホで端末動作確認しています。(SIMロック解除が必要な場合があります)
■ au版、ソフトバンク版ので端末動作を確認しています。(SIMロック解除が必要な場合があります)
※minneo iPhone 6s、iPhone 6s Plusはソフトバンク版も対応していますが、SIMロック解除が必要になります。
※FREETEL iPhone 6s Plusはau、ソフトバンク版も対応していますが、SIMロック解除が必要になります。

iPhone5 シリーズ、iPhone SEの動作確認状況

  iPhone5 iPhone5s iPhone5c iPhoneSE
SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版 SIMフリー版 ドコモ版
楽天モバイル  
OCNモバイル  
IIJmio(タイプD)  
IIJmio(タイプDA)              
mineo(Dプラン)    
mineo(Aプラン)        
BIGLOBE SIM    
イオンモバイル    
FREETEL    
DMMモバイル    
UQ モバイル            
nuro モバイル        
Nifmo  
Uモバイル        
b-mobile  
エキサイトモバイル  
DTI SIM        
ぷららモバイルLTE    
LINEモバイル        
ロケットモバイル              
もしもシークス  

※minneo iPhone SEはソフトバンク版も動作確認していますが、SIMロック解除が必要になります。
※FREETEL iPhone SEはau、ソフトバンク版も動作確認していますが、SIMロック解除が必要になります。

格安SIMならiPhone6シリーズがいいかも

iPhone7で動作確認をしている格安SIMも増えていますが、iPhone6シリーズの動作確認をとっている数の方がとても多くなっています。

型落ちではありますが、その分価格も安くなっているので格安SIMでiPhoneを使うならiPhone6シリーズの方が安心して使えるかもしれません。

動作確認機種の数から見える格安SIMの順位

MMD研究所調べによる格安SIMの契約ユーザー数は1位「楽天モバイル」、2位「OCNモバイルONE」、3位「IIJmio」、4位「mineo」、5位「Biglobe SIM」だそうです。

この順位はiPhoneの動作確認をとれた機種にも反映されていて、iPhone7に限らずiPhone5シリーズやiPhone SE、iPhone6シリーズまで含めると楽天モバイルやOCNモバイルONEといった格安SIMでもユーザー数で1.2を争う企業の動作確認機種の充実が目につきます。

また、IIJmioやmineo、Biglobe SIMもiPhoneの各シリーズの動作確認がとれています。動作確認ができていない機種でも利用できる可能性は高いと思いますが、やはり確認してあった方が安心感があります。

その辺りのサポート体制がユーザーの契約数に結び付いているのかもしれません。

まとめ

さすがに各社iPhone 7には迅速に反応したみたいで、ほとんどの格安SIMがiPhone 7/iPhone 7 PlusのSIMフリー版を中心に対応している結果となりました。ほとんどの格安SIMがドコモのネットワーク網を使っているのでドコモで提供しているスマホは大抵使えるとは思いますが、やはり提供元の格安SIMが動作確認をしていると安心感があります。

ちなみにiPhone 7/iPhone 7 Plusでは動作確認していなくてもiOS10では動作確認しているという会社もあります(もしもシークスがそうでした)。

基本的に大半の格安SIMがドコモのネットワーク網を使ってサービスを提供している関係上、他社で動作確認ができているiPhoneであれば使える可能性は高いですが、やはり不安感はつきものです。

せっかくiPhoneを格安SIMで使うなら動作確認が取れている会社で使いたいものです。

-格安スマホ(格安SIM)で節約
-, ,