スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

スマホにWiMAXを組み合わせて通信費を節約

2017/07/09

スマホでデータ通信をしている人の中にはスマホだけでなく、家ではパソコンでもネット接続でインターネットをしていることがあります。そんな時、通信費の節約のために家とモバイルのネット接続をまとめられないかと考えたとはないでしょうか。私はあります(笑)

一人暮らしをしている人は、「自分が不在なのに家のネット代を支払うのは何かもったいない」そんな考えが一度はよぎるんじゃないでしょうか。そんな時に使えるのがWiMAXです。

WiMAXは接続制限のない唯一のモバイル高速通信

WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供している、上のような写真の小さな機械を使って高速でデータ通信ができるものです。バッテリーを内蔵しているので電源不要で、持ち運びも手軽にできて家でも外でも手軽にネット接続できます。

WiMAXには、以前「WiMAX」というサービスがありましたが、より高速なデータ通信ができる「WiMAX2+」が提供されるようになり、両者が並行してサービス提供されていましたが、今は「WiMAX2+」のみ提供されています。

WiMAX2+は、基本的に無制限で高速ネット通信できて速度は下り最大440Mbpsになります。440Mbpsというと理論的には光ファイバー通信よりも遅い速度ですが、実際に使ってみると十分な速度がでますし、Youtubeを見たり、データのダウンロードもストレスなくできます。

ちなみに440Mbpsはあくまでもエリアや通信に使う機器に依存するので下り最大220Mbpsだったり110Mbpsになる場合があります。

WiMAX2+とイーモバイルは

モバイル高速通信と言えば、イーモバイル(現在のY!mobile)と比較されたりします。イーモバイルはWiMAX2+に比べると月額使用料が安いので人気があったと思います。

イーモバイルもWiMAX2+と同じように「高速でネット使い放題」と宣伝されていたりしましたが、確かに高速データ通信ができますが、7GBがその上限になっているのでそれ以上のデータ容量になると速度が遅くなります。

なので、実質的には無制限で高速ネット接続のできるモバイルサービスでは現時点では「WiMAX2+」が唯一になります。

WiMAX2+はMVNOよりも安定している気がする

厳密にいうと、モバイルでネット接続のできるサービスは最近では、MVNOのデータ接続し放題のサービスがあります。DTI SIMやU-mobileなどが有名ですね。

でも、格安SIM(MVNO)の場合は一般的に回線速度が安定しないという弱点があります。特にお昼休みくらいの速度はかなり落ちるようで、よくネットでニュースになっています。スマホで利用するのであればまだいいんですが、パソコンでも接続しようと思ったら不満がでてくるレベルだと思います。

その点、WiMAX2+だと昼間でも速度が安定しているので、スマホからの接続でもパソコンからのネット接続でも、格安SIMに比べると快適にインターネットができます。

WiMAX2+にも弱点がアル

WiMAX2+がイーモバイルと比較されていたことの理由に室内での利用があります。WiMAXは室内でのネット接続の場合、速度が落ちるという弱点があります。その点イーモバイルは室内でも速度が安定していると言われています。

その点が評価されて、7GBのデータ容量の上限があってもイーモバイルとWiMAX2+がよく比較されていたのかなと思います。ただし、室内での通信速度もWiMAX2+になって、通信速度自体が上がったのでずいぶん改善されてきました。

ちなみに、WiMAX2+は、データ容量の上限はありませんが、直近3日間で10GB以上データ通信を行うとその翌日18時頃から翌々日の2時頃までネット速度が制限されてしまいます。

速度制限というと、MVNOのように128kbpsをイメージしてしまいますが、大体1Mbps程度に制限されます。(2017年1月追記:私の家ではパソコン2台もWiMAX2+に接続して使うようになっていますが、多分制限されている時間でもあまりストレスは感じません。2台で同時にYoutubeで動画を見ることができるぐらいです。)

ちなみにWiMAX時代には1台のパソコンでYoutubeを見ていたら、もう一台ではネット接続もきついレベルでした。 

ノーリスクでモバイル高速データ通信を体験

以下のURLからも確認できますが、WiMAX2+を使えるエリアもかなり広くなっています。

  サービスエリア

サービスエリアを見て分かる通り、地方でも結構使うことができるので利用する価値はあると思いますが、それでも自分の家で使えるかどうか不安でなかなか踏み切れない人もいますよね。それに自分のスマホはWiMAX2+でネット接続できるかどうか不安でもありますよね。

そんな方のためにWiMAX2+を無料で利用できるお試しサービスがあります。

  15日間無料お試しTry WiMAX

「15日間無料お試しTry WiMAX」の初期登録費用やデータ通信費、レンタル代、送料などは不要で15日間、正確には発送の日数があるので約10日間自宅や外出先でWiMAX2+の高速データをお試しできるサービスです。

無料かつノーリスクでお試しできるのでWiMAX2+に興味がある人は申し込まれてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「15日間無料お試しTry WiMAX」は、「日本に住んでいて20歳以上」で「過去90日間以内にWiMAXを利用していない人」などの条件はあります。

そして、登録の際に本人名義のクレジットカードを登録する必要があります。これは期限内にWiMAXを返却しなかった場合に請求されるもので、キチンと返したらお金は請求されないのでご安心ください。

WiMAX2+の無料お試し体験してみた

私もWiMAX2+に興味があるのでこの「15日間無料お試しTry WiMAX」を体験してみました。
登録ページから申し込むと2.3日でWiMAX2+の本体が届きました。

160919002

何度も使っている感じのケースに入っています。ちなみにマジックテープで止められているのでとても不安でした(笑)

体験セットに入っていた内容はこんな感じですけど、実際説明書とかはほとんど読んでいないですね。

160919003

本体が来た早々、パソコンやスマホに接続してインターネットをしてみましたが、WiMAX2+は実に快適でした。

以前はWiMAXも使っていたので両社を比較してみると、WiMAXからWiMAX2+に変わってみるとかなりスピードが上がっている印象でした。

WiMAXの機械を持ち歩く時にはそのサイズも気にあると思いますので、WiMAX(上)とWiMAX2+(下)、10円玉を載せてみました。ご参考までに。

160919001

インターネットの接続に求める速さは人それぞれだと思うので、実際に体験してみるのが一番ですが、私自身は約10日間使ってみて十分使えるなと思ったので、WiMAX2+の利用を決めて、返却しました。返却はゆうパックの着払いの送り状が同封されているので、それをケースに入れてローソンで発送手続きをして終わりです。

カンタンですが、やっぱり入れ物がマジックテープなのがちょっと不安でした(笑)

まとめ

スマホの節約するのにWiMAX2+を活用するのは、特に一人暮らしの人にとってはありだと思います。WiMAX2+の機器が増えることに抵抗感さえなければ検討の余地はあります。

ただし、契約前には自分の家で使えるかどうかは一応確認した方がいいと思いますので、ノーリスクでWiMAX2+が体験可能な「15日間無料お試しTry WiMAX」を利用してみることをお勧めします。

-その他で節約
-