スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

MVNOにも通話「かけ放題」の時代がやってきた!

2017/02/07

格安SIMでも無料通話を提供するサービスが始まってきています。といっても、ドコモやau、ソフトバンクの電話し放題系サービスと違って、何分でもかけ放題という訳ではなく、5分~10分程度が主です。

5分から10分だと短いと感じるかもしれませんが、総務省の調査によると日本の平均通話時間は2分35秒(平成27年度通信量からみた我が国の音声通信利用状況(概要)より)なんだそうです。平均時間からだとすると意外と電話に時間をかけないものなので、あんまり電話をかけない人であれば、フルの電話かけ放題ではなくても利用価値があるのではないかと思います。

こうった電話かけ放題プランも提供する格安SIMが増えてきたので、並べて比べてみたいと思います。

格安SIMの無料通話オプション比べ

基本的にキャリアと違って、格安SIMの場合、電話し放題というプランはなく、通常の音声通話プランにかけ放題をオプションで追加するようになっています。

各社が提供しているかけ放題の時間とオプションの金額を無料通話時間別に何社か比べてみました。

1分間通話し放題

会社名
(プラン名)
オプション料金(税別)
超過後の通話料(30秒毎)
備  考
FREETEL
(1分間かけ放題)
399円
10円
 

3分間通話し放題

会社名
(プラン名)
オプション料金(税別)
超過後の通話料(30秒毎)
備  考
IIJmio
(誰とでも3分 家族と10分)
600円
10円
同一名義で契約したスマホ間の国内通話料は10分間まで通話料無料
BIGLOBE SIM
(BIGLOBEでんわ 3分かけ放題)
650円
10円
 

5分間通話し放題

会社名
(プラン名)
オプション料金(税別)
超過後の通話料(30秒毎)
備  考
楽天モバイル
(5分かけ放題オプション)
850円
10円
 
IIJmio
(誰とでも5分 家族と30分)
830円
10円
同一名義で契約したスマホ間の国内通話料は30分間まで通話料無料
FREETEL
(5分間かけ放題)
840円
10円
 
DMM mobile
(5分かけ放題)
850円
10円
2月23日よりサービスを提供開始となります
UQ mobile
(おしゃべりプラン)
1,980円~
10円
2月22日より受付開始となります
nuro モバイル
(5分かけ放題オプション)
800円
10円
 
DTI SIM
(でんわかけ放題)
780円
20円
 
もしもシークス
(かけたい放題ライト)
850円
20円
 

※おしゃべりプランは、おしゃべりプランS、おしゃべりプランM、おしゃべりプランL各プランのセット価格となります。

10分間通話し放題

会社名
(プラン名)
オプション料金(税別)
超過後の通話料(30秒毎)
備  考
OCNモバイルONE
(OCNでんわ 10分かけ放題オプション)
850円
10円
 
U-mobile
(U-mobile Super)
2,980円
20円
U-mobile Superはオプションではなく、音声通話、データ通信 1GBを含んだプラン
U-mobile Superの無料通話は月300回まで
ロケットモバイル
(ロケモバプレミアムプラン)
2,980円
20円
ロケモバプレミアムプランはオプションではなく、音声通話、データ通信 1GBを含んだプラン
ロケモバプレミアムプランの無料通話は月300回まで
2017年2月現在申し込みは中止しています

通話し放題

会社名
(プラン名)
オプション料金(税別)
超過後の通話料(30秒毎)
備  考
もしもシークス
(かけたい放題フル)
1,800円
   

まだまだ5分間だけかけ放題が多いですが、10分間かけ放題プランも意外と数があります。キャリアを同じ電話かけ放題プランも1社ですが、サービスを提供しています。

電話料も安くなる

格安SIMの音声プランでは通話料が通常、30秒間毎に20円です。ですが、上の表では無料通話分超過後の通話料は30秒間毎に10円のプランがほとんどです。

これはそういった格安SIMが独自の電話アプリを使うからです。電話アプリとは音声通話をかける時に自動的に番号を付加してコールすることで、通話料が通常の30秒毎に20円から30秒毎に10円へと半額になるものです。

電話かけ放題プランで通話をする時にはそれぞれの電話アプリ経由でかけるので5分間(または1分間、3分間、10分間)を超過してからの通話料も安くすることができます。

じゃあ、どのプランを選べばいいのかな?

1分、3分、5分、10分、無制限とかけ放題にも幅がありますが、価格も399~2,980円と幅広くなっています。じゃあ、どのプランにしたらいいのだろうと思いますよね。

それには自分がひと月にどれくらい電話してるのか調べればいいわけです。記憶というのは結構あいまいなもので、実際に記録を取ってみると自分が何回電話をかけているのか一回に何分くらいかけているのかよく分かります。通話時間もスマホを見れば表示してあるので記録もしやすいです。ぜひ、30日間チェックしてみてください。

でも、それも面倒くさい、とりあえず平均的にどれだけ通話時間があるのかという物差しがほしい方もいるかもしれません。そんな方のために、統計データをご紹介したいと思います。

通話時間は週23分30秒

MM総研調べによると、スマホ(スマートフォン)の平均通話時間は一週間で23.5分だそうです。そして、総務省の調査では2014年度の携帯電話からの通話回数は0.9回だそうです。ということはおおざっぱに考えると1日一回、3分20秒くらいの通話をしているということになりますね。

そうなると先の総務省のデータ(通話時間2分35秒)とは50秒程度のずれがありますが、いずれにしても平均通話時間は10分も20分もあるわけではないということです。

恐らく時報を聞いた通話も長電話もまとめた統計でしょうし、年代別での調査結果でもないのであくまでも参考程度ですが、1回の電話が3分ちょっとなのであれば、5分間のかけ放題プラン(オプション)ぐらいであれば音声通話には十分に事足りるかもしれません。

その辺も踏まえたキャリアの電話かけ放題のライトプラン(5分間かけ放題)なのでしょうか。

まとめと注意点

格安SIMのかけ放題は5分か10分だけかと思っていたら、もしもシークスがフルの電話かけ放題オプションを提供しています。ずいぶん思い切ったものです。

ただし、もしもシークスのかけ放題フルにはこんな注意書きがあります。

不正利用防止のため、下記のいずれかに該当する場合、ご利用を停止させていただく場合がございます。
・連続して60分以上同一の相手先に連続してかけた場合。

要は1時間以上の通話はできないということです。周りには1時間くらいの長電話であれば今でもしている人は多いです。キャリアのかけ放題プランであればこういった規制はないので、まだまだ完全な電話かけ放題ではないんですね。

フルの電話かけ放題はもう少し様子見ですが、格安SIMでフルの電話かけ放題プランが出てきてたとしても、2GB程度のデータ通信ができt2,100円くらいじゃないなのかあと今から妄想しています。

フルの電話かけ放題以外では5分間のかけ放題が主流ですが、時間が超過してからの通話料加算に少し不安を覚えてしまいます。でも、統計データからは意外と電話をかけていないし、通話時間も短いことが分かります。

またキャリアの電話かけ放題も2,700円と意外と高くつきますから、あまり電話をかける機会が少ないけど通話料が気になるという方には短い時間の電話かけ放題プランを選択してみてはいかがでしょうか。

-DMMモバイル, 格安スマホ(格安SIM)で節約, 楽天モバイル
-, ,