スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

3大キャリア以外の第四のキャリア ワイモバイル

2017/07/09

ドコモ、au、ソフトバンク以外にもスマホを提供しているキャリアはあります。今日はそこでだったらスマホの節約ができるか考えてみたいと思います。

Y!モバイル=イーモバイル+ウィルコム

取り上げるのは Y!mobile です。最近はCMなどでもよく見かけるので覚えているかもしれません。ワイモバイルはイー・モバイルとウィルコムが統合した会社で、ウィルコムというとPHSを提供していた会社ですので、PHSの会社と思いがちですが、ホームページをのぞいてみると「iPhone 5s」や「AQUOS CRYSTAL」も扱っているのでばっちりスマホを提供していることが分かります。

そして名前を、特にロゴを見たらすぐピンとくるようにソフトバンク株式会社が運営しています。そのため、ソフトバンクのネットワーク網を利用してサービスを提供しています。ソフトバンクのネットワーク網を利用している格安SIMはまだかなりの少数派です。

Y!モバイルはキャリア?格安SIM?

Y!モバイルは本ブログではキャリアと考えてご紹介しています。本来なら公式サイトでも「格安SIMも、ワイモバイルで!」とうたっているのでY!モバイルは格安SIMの中に入るのですが、プランをみていてどちらかというと格安SIMというよりもキャリアに近い印象です。

最近いわれるのがサブブランドというものです。「ユニクロ」と「GU」みたいな関係でしょうか。その方がイメージしやすいかもしれません。

特徴的なプラン

Y!モバイルは他のキャリアと比べて少し変わったプランにしています。それが次の3つです。

スマホプラン S データ通信1GB分付き 10分以内の通話料は
回数無制限で無料
月額2,980円(税別)
スマホプラン M データ通信3GB分付き 月額3,980円(税別)
スマホプラン L データ通信7GB分付き 月額5,980円(税別)

ちなみにこの価格は2年間契約をした場合の金額です。要は2年しばりですが、この辺もキャリアっぽい契約期間です。契約期間なしにした場合はグッと高くなります。プラン名が微妙に変わりますが、同じものだと考えて差し支えないと思います。

スマホベーシックプラン S データ通信1GB分付き 10分以内の通話料は
回数無制限で無料
月額5,480円(税別)
スマホベーシックプラン M データ通信3GB分付き 月額6,480円(税別)
スマホベーシックプラン L データ通信7GB分付き 月額8,480円(税別)

ソフトバンク同士には厳しい価格設定?

上記の価格は新規契約だったり、他社からのMNP転入で契約する人を対象とした割引後の金額です。他社とはドコモやauを指します。基本的にドコモ・au・ソフトバンクのシェアの奪い合いの構図は変わらないのでソフトバンクやディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクから引っ越してくる場合は2年契約だと以下の金額です。

  スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額 3,980円(税別) 4,980円(税別) 6,980円(税別)

それぞれ月額1,000円ずつ高くなります。ちなみにこの金額が当初Y!モバイルが設定している基本使用料になります。一見すると他社からの転入には手厚く、自社間の移動には厳しい印象を持ちますが、最初の金額(スマホプランS:月額2,980円(税別)、スマホプランM:月額3,980円(税別)、スマホプランL:月額5,980円(税別))は「スマホプラン割引」という最初25か月間の月額使用料を割引くサービスを適用したものです。

この割引はソフトバンクやディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからの引っ越しには適用されませんが、現在「スマホプラン割引 期間限定キャンペーン」を展開しているので、その割引を適用すれば25ヶ月間は新規契約・他社からのMNPと同額になります。※キャンペーン期間は2018年5月31日までですが、きっと延長されるんでしょう(笑)

全プラン基本10分までの無制限かけ放題つき

ワイモバイルはこの値段で面白い無料オプションがついています。1回あたり10分以内の通話が月300回までは無料になります。現在、ワイモバイルでは10分以内の通話料が無料になる通話回数は300回から無制限に変更になっています。
※1回あたり10分を超える通話は、10分1秒以降分で30秒毎に20円の通話料がかかります。
※ひと月に301回以上の通話をした場合は、10分以内の通話でも、30秒につき20円の通話料がかかります。

他の格安SIMは音声通話は基本的にかけた分だけ通話料のかかる従量制ですが、Y!モバイルの場合では基本的な通話料は10分以内の通話がかけ放題になるオプションが最初からついています。この辺は独特です。
よくある5分の無料通話だと少し短い印象を受けるので、10分という無料通話時間は絶妙なところをついているなと思います。

Yahoo!プレミアムもオプション

Y!モバイルの特徴の一つがY!モバイルを契約すると「Yahoo!プレミアム」が無料で利用できるようになる点です。「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」と言います。

Yahoo!プレミアムはYahoo! JAPANが提供している有料サービスで、Yahoo!プレミアムに登録すると、提携店舗のクーポンがもらえたり、会員専用動画が視聴できたり、Yahoo!ショッピングやLOHACO(アスクルの個人向けショップ)のTポイントが5倍になったりと用意された会員特典を利用することができます。

でも、Yahoo!プレミアムの特典として一番利用者が多いのでは「ヤフオク」を制限なしで利用できることではないでしょうか。実際、私もYahoo!プレミアムの用途は「ヤフオク」一本です。正直、ヤフオクの出品をしない時にはYahoo!プレミアムを一時解約しています。

というのも、Yahoo!プレミアムは月額462円(税別)の有料サービスだからです。毎月約500円、一年間では約6,000円の出費です。そんなにヤフオクを利用するわけではないですし、落札だけであれば無料会員でも参加可能です。そおため、Yahoo!プレミアム自体にはあまりヤフオク出品以外に価値を見いだせていません。

それでも、ヤフオクの出品では必要な権利なのでそれがY!モバイルを利用しているだけで「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」が無料になるというのは心が動きます。スマホ自体はもはや生活必需品なのでお金は払いつづけないといけないサービスだから、それで「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」もついてくるのはユーザーにとってうれしい話です。

パケットマイレージが新しい

ワイモバイルではパケットマイレージというサービスも提供しています。パケットマイレージはYahoo! JAPANのサービスを利用することでワイモバイル内で使えるマイルが貯まるサービスです。

貯まったマイルによってブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの4段階のランクが決まります。決まったランクによって翌月高速データ通信できる追加容量(パケット)が500MBから最大で無制限!無料でもらえます。

ランク ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
必要マイル 80マイル 200マイル 400マイル 600マイル
翌月追加される
データ容量(パケット)
500MB 1GB 5GB 無制限

マイルの貯め方も難しいものはなく、サービスやアプリを利用するだけです。
●マイルを貯める例
「Yahoo! JAPANアプリかスマホ版のYahoo! JAPANトップページにアクセスする」(1日一回プランによって1~7マイル貯まります)
「Yahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオクで購入する」(1回の購入につき10マイル貯まります)
「Yahoo! JAPANアプリかスマホ版のYahoo! JAPANトップページでくじに参加する」(1等200マイル貯まります)

まとめ

調べていて面白いサービスを展開するなと思いましたが、冷静に考えると10分までの通話かけ放題がついているとはいえ、一番安いプランでも毎月2,980円です。正直ちょっと高いかなと思います。

それでもドコモ、au、ソフトバンクはスマホに関して、3社とも似たようなプランになっているので、こういう少し変わった感じのプランがでると選択肢が広がって評価できるなと思います。一社がスマホのブランドを2つ持つことで一方では思い切ったことができるんでしょうか。

auも同じような格安SIM(サブブランド)としてUQモバイルを持っていますから、今後そちらの展開も影響されてサービスは変化すると思います。ただし、格安SIMは基本的にドコモのネットワーク網を利用している業者がほとんどだということを考えるとドコモがサブブランドを展開する可能性は低いかなという印象です。

-ソフトバンクで節約
-, , ,