スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

格安SIMで無線LANとコンビニ以外でもお得にネット接続

2017/07/09

いくら節約のためだからと言って、スマホのネット接続がお家の無線LANとコンビニなどの公衆無線LANだけでしか出来ないと不満が残りますよ。一日中、お家にずっといるわけでもないし、外出した時もコンビニにいるだけではないわけですし。

そんな時にもスマホでネット接続したいっていうのは人情ですよ。よく分かります。私も、一時期、自分のスマホを通話プランのみの契約にして、データ通信は無線LANとたまにコンビニで接続するっていう生活をしていましたから。

これだと、やっぱり少し不満が残るってしまいます。ちょっと前までスマホも持っていなかったっていうのにぜいたくな話ですね(笑)で、今はどうしているかっていうと、データ通信用に「格安SIM」を契約しています。

「格安SIM」って何?

「格安SIM」と言う言葉、ニュースやテレビで聞いたことがないでしょうか?最近ではニュースによっては「格安スマホ」という言い方をしていることもありますがどちらも同じものを指します。

格安SIMの「SIM」というのはスマホ(携帯電話)の本体に入っている「SIMカード」のことです。ドコモやau、ソフトバンクでスマホの契約をするとスマホにSIMカードを挿して使用します。SIMカード自体になじみがないかもしれませんが、スマホを契約するとすぐに使えるようにショップの方で装着してから渡してくれるからだと思います。

ちなみにSIMカードにはそのサイズが大きい順から「標準SIM」「micro(マイクロ)SIM」「nano(ナノ)SIM」の3段階に分かれています。最近は、一番小さなナノSIMカードが入っていることが多いんじゃないでしょうか?このカードが入っていないとスマホや携帯電話で通話やデータ通信ができなくなります。

じゃあ、格安SIMカードは何?

SIMカードの内、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで契約していた時のものがいわゆるSIMカードになります。で、その一方でOCNやBiglobe、So-net、楽天モバイルなど様々な会社もSIMカードを提供しています。

これらの会社はドコモやau、ソフトバンクに比べて月額の費用がかなり安くなるので「格安SIM」と呼ばれています。正確にはどちらも同じSIMカードですけど、区別するために呼び分けている感じです。

格安SIMはなぜ安いの?

格安SIMカードは、MVNO(エムブイエヌオー)と呼ばれる会社が提供しています。さっき書いたOCNやBiglobe、So-net、楽天モバイルがMVNOになりますす。これらの会社は、実は自分達でスマホ(携帯電話)の通話やデータをやり取りできる回線を持っていません。

回線を持っているのはドコモやau、ソフトバンクです。(ちなみに回線を持っているキャリアをMNOと言います)

じゃあ、MVNOはどうやって通信サービスを提供しているのかっていうと、ドコモやau、ソフトバンクの回線を借りて提供しています。商品を売るイメージでいうと卸売りしてもらって、それを安く売っている感じです。

だから、格安SIMを提供しているサービスの通話品質やネットの安定性は基本的にドコモ品質だったり、au品質だったりします。なので、そんなに不安に思われなくてもいいと思います。

格安SIMを提供している大半の会社はドコモの回線を使っています。auやソフトバンクの回線を使っている会社もありますけど少ないです。

格安SIMで実際にはどれだけ安くなるのか

どうやら格安SIMでスマホに使うお金を節約できそうだということは分かったと思いますが、実際にどれぐらい安くできるのかというのが気になるところだと思います。いくつかパターンに分けて紹介していきます。

キャリアに近いパターンだと3,000円以上安くなる

まずはキャリアの組み合わせに一番近いプランです。音声通話はキャリアの場合、無制限の電話かけ放題プランですが、格安SIMではほとんど無制限のかけ放題プランが提供していません。かわりにかけ放題ライトプラン、一通話あたり5分間の通話がかけ放題になるプランはありますので、そちらで料金を比較してみます。

データプランについてはキャリアの場合、2GBの高速データプランが一般的だと思いますのでそれに近いプランで紹介します。今回は格安SIMのシェアで常にトップ争いをしている楽天モバイルで比較してみます。

会社名 音声通話プラン
月額使用料
インターネット
接続料
データプラン
月額使用料
合計金額
キャリア
電話かけ放題ライトプラン
1,700円(税別) 300円(税別) 3,500円(税別) 5,500円(税別)
楽天モバイル
通話SIM 3.1GBプラン
1,600円(税別) 850円(税別)※ 2,450円(税別)

※楽天モバイルのインターネット接続料欄には5分かけ放題オプションの「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」の月額使用料を記載しています。

楽天モバイルを利用すると、毎月の使用料が半額になります。ひと月で3,050円の節約になります。しかもプラン名を見たら分かりますが、データ容量が3.1GBあります。これに5分以内の通話がかけ放題になって2,450円です。かなりお得になります。

とことん安くすると4,000円安くなる

最近、キャリアでは通話プランのほとんどが電話かけ放題になっていますが、格安SIMでは携帯電話の頃にあった通話プランのように電話をかけた分だけ通話料(30秒毎に20円がほとんどです)が必要になる通話プランです。

キャリアの場合、電話をほとんどかけない人にとっては毎月2,700円が固定費として必要になるのはもったいないと感じる人も多いと思います。そんな人には電話をかけた分だけ通話料がかかる方が節約効果があると思います。キャリアの電話かけ放題ライトプランと格安SIMの中でも最安の部類に入るDMMモバイルで比較してみます。

会社名 音声通話プラン
月額使用料
インターネット
接続料
データプラン
月額使用料
合計金額
キャリア
電話かけ放題ライトプラン
1,700円(税別) 300円(税別) 3,500円(税別) 5,500円(税別)
DMMモバイル
通話対応SIMプラン 2GB
1,380円(税別) 1,380円(税別)

電話をあまりかけない人であればオプションも必要ないのでDMMモバイルだと支払う金額は1,380円で済んでしまいます。キャリアの電話かけ放題ライトプラン(5分までの通話がかけ放題)と従量制プランの比較だと少しフェアじゃないかもしれませんが、表のプランがキャリアで一番安い組み合わせなのでこれで比較するしかありません。

毎月、4,000円以上節約できるのでスマホにかかるお金が一年で50,000円近く安くなります。ここまで差がでてくるとキャリアで契約してスマホを使うのが馬鹿らしくなってくるぐらいです。

格安SIMだと電話かけ放題でも4,000円以下!

先ほど、格安SIMでは無制限の電話かけ放題プランをほとんど提供していないと書きました。あくまでもゼロではありません。今のところ、「もしもシークス」という格安SIM1社が無制限の電話かけ放題を提供しています。

そこでキャリアの電話かけ放題プランとどれぐらい金額に差がでてくるのか比較してみたいと思います。

会社名 基本料金 音声通話プラン
月額使用料
インターネット
接続料
データプラン
月額使用料
合計金額
キャリア
電話かけ放題プラン
2,700円(税別) 300円(税別) 3,500円(税別) 6,500円(税別)
もしもシークス
音声プラン 3GB
980円(税別) 1,800円(税別) 1,200円(税別) 3,980円(税別)

キャリアの電話かけ放題プランが6,500円なのに対してもしもシークスでは4,000以下になる3,980円です。ひと月で2,500円の差がでてきます。しかも、もしもシークスは基本料金に500MBのパケットがついてくるので上記のプランだと高速データ通信が3.5GB分できます。

まとめ

格安SIMの最大の魅力はその価格です。今回、通話プランを「5分までの通話かけ放題」「別途通話料が必要な従量制」「無制限の電話かけ放題」の3種類で比べてみましたが、いずれの場合も格安SIMの名に恥じない十分すぎる節約効果があると思います。

ちなみに今回、格安SIMの代表として紹介した「楽天モバイル」「DMMモバイル」「もしもシークス」はいずれもドコモのネットワーク網を使用してサービスを提供しています。そのため、十分な品質があると思います。

もちろん、ネット接続の速度についてはキャリアと比べるとどうしても遅くなることがあります。でも、個人的には月額費用を考えると全く気にならないレベルです。それに自宅で光ファイバー通信やWiMAXなどを使っているのであれば、無線LAN接続すればいいかと思います。

少しでも興味があれば一度、格安SIMの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

-格安スマホ(格安SIM)で節約
-, , , , ,