スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

スマホに無線LAN接続で料金節約しよう!

2017/07/09

知ってる方も多いと思いますが、光ファイバーやケーブルテレビ、ADSLなどの高速通信でネット接続する際に使う無線LAN。これにスマホを接続することで無料でネット接続ができるようになります。

通常、スマホでネット接続する場合はデータ使用量に応じて支払う契約にしていると思います。2GBパックや5GBパックなどで契約している人が多いと思います。

スマホで無線LAN接続する場合は、データ使用量にカウントされないのでデータ使用量を気にすることなく動画やアプリなどを無料で使うことができるという訳です。

※スマホで無線LAN接続する具体的な方法については「スマホ 無線LAN 接続方法」なんていうキーワードで検索したもらえたら、写真付きで親切に解説しているサイトがいっぱいでてくると思うので、ここでは割愛します(笑)

スポンサーリンク

スマホのネット接続契約なしでも無線LANできる

無線LAN接続してスマホでネット接続する。そんなの当たり前なんて思っていませんか?もちろん、当たり前かもしれませんが、このことは知っていましたか?

通常、キャリアでスマホを契約しているとSPモードやLTE NET、S!ベーシックパックといったインターネット接続料も一緒に契約します。データ通信プランと一緒に契約しないといけないのでほとんどの人が利用していると思います。

実は、キャリアでは音声通話プランの契約にもよりますが、音声通話プランのみを利用してインターネット接続料とデータプランを使わないという方法も選択できます。正直、このことに私はしばらく気づきませんでした。

音声通話プランのみ、無線LANで節約生活

今だったら音声通話プランは電話かけ放題のみを契約して、ネット接続は無線LANを利用するという使い方も可能です。ちなみにこの方法が可能なのはカケホーダイプラン(docomo)・カケホ(au)・スマ放題(ソフトバンク)の無制限電話かけ放題プランのみです。

カケホーダイライトプラン(docomo)やスーパーカケホ(au)・スマ放題ライト(ソフトバンク)といった5分までの通話が無料になるかけ放題プランやLTEプラン(au)・ホワイトプラン(ソフトバンク)といった電話をかけた分だけ通話料がかかる従量制プランではデータプランをセットで契約しないといけません。もちろんSPモードやLTE NET、S!ベーシックパックといったインターネット接続料もかかります。

ちなみに以前は従量プランでも音声通話プランのみで契約できました。実際、私はドコモの「タイプXi」という従量制プランを今も利用していますが、データプランは契約していません。こういったプランはauやソフトバンクにもあったと思いますが気がつけばプランがなくなったり、データプランの契約が必須になったりと変更されています。

とは言え、今でも電話かけ放題プランであれば音声通話プランのみで契約できるので、スマホは基本無線LANで接続して使用する方が通信費を大幅に節約ができます。

それだけでインターネット接続料分として毎月300円とデータプラン分として毎月3,500円以上節約できます。一年間だと45,600円(税別)と40,000円以上も通信費を抑えることができます。 

外出時でも何とかなる!

家の中では無線LAN接続できても、SPモード、LTE NET、S!ベーシックパックでのインターネット接続ができなくなったら「外出するとネット接続ができなくなるじゃないか」と思いますよね。

もちろん、そのままではネット接続できませんが、ご安心ください。今はいい時代です。色々な方法で外出先でもネット接続が可能です。

外でも公衆無線LANでネット接続

実は色々なところに無線LAN接続できる場所が用意されているんです。駅や空港、コンビニやカフェなどの様々なところでネット接続ができるスポットを公衆無線LANと言います。最近は海外からの旅行者向けにそうした公衆無線LANの設置が進んでいるように思います。

都会だったら、本当色々なところで無線LANを使ってネット接続ができると思いますよ。しかも公衆無線LANの多くが無料で利用できます。
田舎であっても、コンビニはなんだかんだで至るところにあるので、そこでネット接続ができます。ホント便利な世の中です。

事務所のネットに無線LAN

公衆無線LAN以外でもセキュリティの問題があるかもしれませんが、事務所で無線LAN接続する方法もあります。最近は仕事でネット接続するのは当たり前になっています。ということは仕事場にもネット接続環境が整っていると思います。

そこのネット環境に無線LAN接続をすることでスマホのデータ通信をするという方法もあります。ただし、社内セキュリティの観点からはあまり勧められる方法ではないかもしれませんが、一応ご紹介しておきます。

ネット環境を持ち歩く

自宅で無線LAN接続をする方法は色々ありますが、光ファイバー通信やケーブルテレビ、ADSLなどだと家に回線がつないであるので、もちろん自宅でしかネット接続できません。でも、「WiMAX2+」「Pocket WiFi」といったサービスであれば、外でもその環境を持ち歩けます。

「WiMAX2+」や「Pocket WiFi」は高速でネット接続できる無線LAN機器サービスです。光ファイバー通信やケーブルテレビ、ADSLなどと違って「線」自体がないので接続機器を持ちあるくことができるのが特徴です。

以前はネット接続の速度が遅かったり、エリアが狭かったので実用的ではなかったので利用しにくかったのですが、最近ではあまり不満もなく充実したネット環境が整いつつあります。

なので、自宅と同じようなネット環境を外にも持ち歩くことができます。家族で利用している場合は難しいと思いますが、一人暮らしであれば「WiMAX2+」や「Pocket WiFi」を自宅でも使って、外出先に持ち歩いて接続することも可能です。

まとめ

MMD研究所の調査によるとスマホの利用料は、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の利用者で平均7,876円で、半数が毎月7,000円以上支払っているということです。そして、86.5%がその金額を高いと感じています。

実際、数年前だとスマホの通信費は毎月4,000円ぐらい、高くなっても5,000円ぐらいだったように記憶しています。それから考えると7,000円以上はとても高いものだと感じるのは仕方ないと思います。

スマホの利用料が高くなっている理由の一つはキャリアのデータプランの高さにあるように思います。2GBのデータ通信プランで毎月3,500円。インターネット接続料を入れると消費税込みだと4,000円以上もキャリアに支払っていることになります。

最近、キャリアがお得だとすすめている20GBの大容量プランが月額6,000円と確かに割安かもしれませんが、支払い金額としてはグッと上がります。電話かけ放題プランとの組み合わせだと合計で9,000円になります。

価値観はひとそれぞれなので感じ方も様々だと思いますが、個人的には正直、割高だと感じますし、支払い過ぎだと感じます。

この割高なネット接続分を節約することができれば月々のスマホにかかるお金もグッと下げることができます。今回ご紹介した方法は極端かもしれませんが、ネット接続料に注目して下げる方法を探したら通信費の節約につながると思います。

-その他で節約
-, , , ,