スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

実録!ドコモから楽天モバイルのお引越しにしたこととかかったお金

以前も書きましたが、私は現在ドコモのタイプXi にねんという従量制の音声通話プランをデータ通信なしで契約し、データ通信は0SIMを利用しています。(ちなみにデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)スマホのMoto G4 Plusに両方のSIMカードを挿しています)

最近、0SIMの遅さと500MBまでの縛りがきつくなってきていました。0SIMは500MB以上のデータ通信をしても100MBごとに100円加算されるだけなんでいいと言えばいいんですけど、なんか気分的に加算されるのがイヤなので。。。

この度、タイプXi にねんが契約満了になるので9月と10月であれば違約金無料で解約できるよという通知がドコモからやって来たので思い切って楽天モバイルにお引越ししてみようと思いました。

せっかくなので今の電話番号を維持する携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用してお引越しをしてみました。

ドコモからMNP経由で楽天モバイルに引っ越すには2つのステップが必要になります。「ドコモにMNP予約を申し込んでMNP予約番号を取得する(ドコモから転出)」、「楽天モバイルで申し込み」の2つです。

※今回ドコモから楽天モバイルへのお引越し方法を記載していますが、auやソフトバンク、ワイモバイルなどからのお引越しの場合も似たような感じだと思います。

 

電話経由のMNPでつまづく。。。

MNP予約番号を受け取る方法は4つあります。

ドコモショップ
携帯電話から
一般電話から
パソコンから

今回は、通話料無料でかけることができるので携帯電話からの方法でやってみました。まずはスマホからドコモ インフォメーションセンターに局番なしの151をコールします。

すると自動音声が流れるので「4」、「2」の順に数字を押します。その後、ネットワーク番号(4ケタの数字)を押すようにメッセージが流れるのでネットワーク番号を押すとインフォメーションセンターにつながります。

ちなみにすぐにはつながらずオペレーターにつながったのは電話をかけ始めてから5分くらい経ってからでした。こういう時はゆったりしてかけないとですね。

ちなみに手続き時には電話をかけている本人がMNPをする「スマホの持ち主かどうかの確認」と「電話番号」、「名義人の確認」がありました。

手続き自体はスムーズにいったのですが、MNP予約番号を発行する前に注意事項の告知があります。その際にオペレーターのお姉さんの話を聞いてみて、私の場合は問題点がいくつかありました。

現在、家族分入れて2回線をドコモで使っています。この内、私の回線を楽天モバイルに引っ越しを行うのですが、私の回線は代表回線でもあり支払いも私の回線になっています。

そのため、私がMNPで楽天モバイルに引っ越すと残ったもう一回線については請求書払いになる上、108円手数料がかかるとのこと。

しかも貯まっていたdポイント(2,500ポイントくらい)も使えるけど、コンビニなどにあるdポイントカードに引き継いがないといけないとのこと。

そこは面倒になったので支払い口座の変更やポイントの引継ぎができないかと聞いてみたところ、ドコモショップだったらできるとのことなのでドコモショップに行くことになりましたとさ。

ちなみにオペレーターのお姉さんが最後にドコモショップだったら「それらもまるっと手続きできます」と言っていたのが個人的なツボでした(笑)

ドコモショップに行ってMNP予約番号を発券してもらってきた

近所のドコモショップに行ってみたら日曜日だったので180分待ちと言われてしまった。。。少し待ってみましたが先に受付をすませているお客さんの対応が終わる気配がないので日を改めることにしました。

次に訪れたのは平日の5時半頃、少ないだろうと思っていましたがそれでも3人待ちでした。結局45分待っての対応になりました。しかもオペレーターの対応時間はMNPの転出と家族割の代表回線を引き継ぐことだったせいか、ものの5分で終わるという何ともあっけないものでした。

MNPで転出するので「転出の理由を聞かせていただけますか?」や「こんなプランでしたらもっと安くできますよ」といった引き留めがあるかと思っていました(正直、こういった対応は大嫌いです)が、あっさりと引継ぎ操作をしてくれて終了でした。意外とあっけない(他のドコモショップではされるかもしれませんので、あしからず)

今回ドコモショップで受付を行って思ったのは対応ってすごい時間がかかるんだなあということ。1組の対応に30分、40分は当たり前のようにかかっていました。1人のオペレーターで1日に対応できる人数って15人もないんじゃないの?って感じです。とても効率の悪いシステムかも。

こりゃオペレーターの人数も必要だから人件費もかさみます。ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリア各社はショップの維持に結構なコストがかかるなあって実感しました。

ちなみにキャリアの中で最初にドコモが無制限の電話かけ放題「カケホーダイ」プランを始めましたが、その開始直後の時期にドコモショップに行った時のお話。夕方6時前に来店したと思いますが、その時点で7時間待ちって表示されてましたけど(笑)ドコモショップって営業時間7時までなのにね。。。どうやって対応したんだろ?

処理をしてもらった際に言われたことで重要なのがドコモからの転出時に手数料として2,000円(税込2,160円)(※ドコモに支払うお金です)がかかることです。

ドコモからの転出にかかるお金
2,000円(税込2,160円)

実はこんなサービスも

いついっても待ち時間が長いドコモショップですが、実はあらかじめ来店したい店舗に来店日時を予約できるサービスがあります。

ドコモのホームページで来店日時や相談したい内容をあらかじめ登録すると指定した時間にドコモショップに行けば待ち時間がなく優先的に対応してもらえるので便利です。

ただ今日とか明日っていうのは無理っぽいので少し余裕をもった日程で予約するのがコツかもしれません。私は今回は急いでいたのでこのサービスは利用していませんでした。知っていれば使っただろうな。

ドコモショップ

調べてみたらauでもソフトバンクでもこういったサービスを行っているみたいです。auとソフトバンクのリンクも載せておきますのでご参考になさってください。

auショップ
※来店したいauショップを選ぶと来店予約のリンクが表示されます

ソフトバンクショップ
※来店したいauショップを選ぶと来店予約のリンクが表示されます

 

転出してからやること

結構時間を取られましたが、ドコモからの転出が終わったら、行わないといけないのが楽天モバイルの新規登録です。

ドコモからの転出については、時間はかかりましたが操作自体に関しては言ってみればドコモのオペレーターが行ってくれるのでそういった不安はありません。

楽天モバイルの新規登録に関してはショップでも可能ですが基本的にネット上で行います。これは楽天モバイルに限らず格安SIMのほとんどが同じですね。

楽天モバイルへの新規登登録自体にかかった時間は10分くらいでしょうか?ちなみに新規登録はこんな流れで行います。

楽天モバイル新規登録の流れ

楽天モバイルのトップページにある「今すぐお申込み」をクリックすることから新規登録が始まります。

するとお申込み前に必要なものが表示されます。まず必ず必要になるのが支払いに使うクレジットカードかデビットカードです。格安SIMの場合、基本的に支払いはクレジットカードになるので必要です。

また、MNPでの引越しも含めて音声通話を行う通話SIMの場合、本人確認書類のデータが必要になります。

<本人確認書類の例>
・運転免許証
・健康保険証(公共料金領収書や住民票などの補助書類も必要になります)
・パスポート など

●楽天モバイルの通話SIM新規登録に必要なもの
・支払いに使うクレジットカードかデビットカード
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

クレジットカードや本人確認書類を準備したら「今すぐWebでお申込みを」クリックします。

新規登録の「申し込みタイプ」をクリックで選択していきます。私が今回行ったのは「SIMのみ」「保証なし」「通話SIM」という感じです。

次にプランを選ぶ段階です。楽天モバイルはワイモバイルやUQモバイルに対抗しているのか5分までの電話かけ放題と1GB、5GB、7GBの高速データ通信がついた「スーパーホーダイ」プランを推しています。そのため、プランの選択画面もスーパーホーダイ推しです。

一見すると従来のプランが見当たりませんが、よく見ると「組み合わせプランを表示」というリンクが中ほどにあるので、そのリンクをクリックしたら組み合わせプランの選択画面が表示されます。

私は電話をほとんどかけないのでスーパープランは不要ですし、データ通信もそこまでいらないので3.1GBプランで充分です。そこで3.1GBプランを選択して、画面下部の「SIMサイズ選択へ進む」をクリックします。

次の画面では選んだSIMタイプとプランの確認画面が表示されるので、間違っていないか確認したら申し込むSIMのサイズを選択します。

SIMサイズには大きいものから「標準SIM」「マイクロSIM」「nano SIM」の3種類があります。基本的にはSIMを挿入するスマホに合わせて選べばいいんですがアダプターがあるので不安だったら「nano SIM」を選んで合わなかったら変換アダプターを買うという手もあります。
SIMサイズについては「大は小を兼ねる」ではなく「小は大を兼ねる」です。

ちなみにSIMサイズを間違った場合は再発行もしてもらえますが、有償交換での対応になるので3,000円必要になります。ご注意ください。

次の画面ではオプションを選択することができます。私はオプションは不要なので一切無視でしたが、一応これだけのオプションがあります。

【オプションの例】
・つながる端末保証 by 楽天モバイル (500円/月)
・あんしんリモートサポート (500円/月)
・データ復旧サービス・マカフィー(R) マルチ アクセスパック (500円/月)
・マカフィー(R) モバイル セキュリティ (300円/月)
・楽天モバイルWiFi by エコネクト (362円/月)
・楽天マンガ月額500コース by 楽天モバイル (500円/月)
・Hulu (933円/月)
・KKBOX (980円/月)
・楽天モバイル「i-フィルター for マルチデバイス」 (300円/月)
・スマート留守電(転送電話付き) (290円/月)
・キャッチホンサービス (200円/月) など

次の画面ではアクセサリーを選択できますが、これもスルーしたらようやく新規登録がひと段落です。いよいよMNPの引継ぎ登録です。

その前にお客様情報入力画面になるので新規登録する人の情報を記載していきます。楽天市場の会員だったらログインするだけなので入力が簡単です。

情報を入力したらMNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用するかどうかの確認が表示されるので今回は「今お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。

そうするとドコモで発行してもらった引継ぎ番号を入力して、楽天でんわのプランを選んだら登録自体は終了です。

後は利用規約を確認する画面が表示されるのでそれに目を通したら新規登録は完了です。新規登録が終わったら、通話SIMだと本人確認書類を楽天モバイルに提出しないといけません。私の場合は運転免許証を提出しました。

といっても簡単で運転免許証の表面と裏面の写メを撮って、それを専用画面でアップロードするだけです。そうすると楽天モバイルで確認後情報登録時に入力したメールアドレス宛に返信がくるので状況を確認できます。

なお、新規登録の事務手数料は3,394円(税込3,665円)と少し高めです。代わりに組み合わせプランは契約初月のプラン基本料が0円になります。

楽天モバイルの新規登録にかかるお金
3,394円(税込3,665円)

 

SIMカード到着~スマホに装着

水曜日の午前中にWeb上で楽天モバイルの新規登録を行い、提出した本人確認書類のチェックが終わったのが水曜日の夕方でした。その後、木曜日にSIMカード発送の連絡があり、我が家に届いたのが金曜日です。

レターパックみたいな入れ物でヤマト運輸さんが持ってきてくれました。早速中身を開封すると意外と中身がすくなくSIMカードが入った小冊子(?)と楽天モバイルユーザーズガイド、HuluとKKBOXの広告が全部です。

早速、SIMカードをスマホ(Moto G4 Plus)に挿入します。ちなみに注文したSIMサイズは「nano SIM」でしたが、Moto G4 Plusは「マイクロSIM」サイズです。このサイズのギャップはアダプターを使うので全然問題になりません。

と、挿入前にすることがあります。MNPの引継ぎ操作です。なぜなら、楽天モバイルのSIMが届いた時点ではドコモから転出したままでまだ電話番号の引継ぎが完了していません。

そのためにすることが楽天モバイルの開通手続きです。と言っても簡単でドコモのSIMを入れた状態で楽天モバイル開通受付センターに電話してMNPの切り替えを実施します。

ちなみに9:00~20:59に受付を済ませれば15分程度で切り替えは完了します。21:00~翌8:59の時間帯に受付を済ませた場合は9:00以降の切り替えが完了します。

実際に電話をしてみるとオペレーターにつながるわけではなく自動音声が流れるのでそれに従ってスマホのボタンをタップするだけなので簡単に終わってしまいました。しかも通話料は無料なのでお財布にも安心です(笑)

私の場合、20:30くらいに楽天モバイル開通受付センターに電話してから、念のため20:50くらいにSIMを差し替えましたが普通に使うことができました。

楽天モバイル開通受付センター
0800-805-1111(通話料無料)

その後はスマホの設定画面から楽天モバイルの通信設定を入力しますが、細かい設定内容はユーザーズガイドに書いてあるのでそれを見ながら操作すると楽かなと思います。

 

まとめ

火曜日にドコモから転出して金曜日に楽天モバイルのSIMを挿入して使い始めたのでお引越しには4日間ほどかかります。かかったお金はドコモからの転出時に2,160円(税込)。楽天モバイルの新規登録時に3,665円(税込)。合計で5,825円(税込)必要になります。

MNPの際、不安に思ったことにドコモからの転出から楽天モバイルに新規登録する間(今回だと4日間)の音声通話はどうなるんだろうというのがありました。

今回、実際にお引越しをしてみて、その不安は一切不要だなということに気づきました。なぜなら転出後も楽天モバイルのMNP手続きをするまで普通に電話をかけることができました。

ドコモからauやソフトバンクといったキャリア間のMNPは大分定着していると思いますが、キャリアから格安SIMのMNPの場合だと格安SIMに実店舗がないケースがほとんどなため不安に感じると思います。

今回、私が体験したドコモから楽天モバイルへの引っ越しの際に行ったことがお役に立てば幸いです。



 
 

-格安スマホ(格安SIM)で節約, 楽天モバイル