スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

【実録】2年縛りを0円で解約する方法

格安SIM(格安スマホ、MVNO)といった言葉自体はたくさんの人が知るようになったと思います。でも、実際に格安SIMを利用している人はまだまだ少ないのではないでしょうか。(それでも契約者数は大分増えたと思いますが。。。)

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を利用している人にとって、格安SIMへの引っ越しを躊躇する理由のトップが「今、使っている通信会社の契約で2年縛りがあるから」だそうです。(ちなみに2位が「格安SIMが何なのかよくわからない」で3位が「通信速度が気になる」だそうです)

キャリアで標準的なプラン(無制限の国内通話かけ放題、2GBのデータ通信)を使用する場合の月額利用料金は6,500円(税別)になります。大抵の人は何らかの割引オプション(最近のauが始めた「ピタットプラン」など)を使って、安く利用していると思いますが、その場合は割引代わりに2年や3年などの定期契約をしています。

この定期契約を契約期間に合わせて、2年縛りと言ったり、3年縛りと呼んだりします。契約期間の途中で解約すると解約金として10,000円くらいかかるのですが、この解約金がかからずに解約する方法があります。

 

0円で解約するには

2年縛りのプランを0円で解約するには定期契約が満了になればいいわけです。当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、正確な前回の契約期間を覚えていない人が多いのではないでしょうか。私自身、2年前の何月に契約したかほとんどうろ覚えな状態でした。どのタイミングで解約したらよいのか理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

その結果、2年縛りで契約が自動更新されて、解約金0円で解約できるのがまた2年後ということになってしまいます。このループに陥っている人が私自身も含めて、多いのではないかと思っています。

その原因は請求書の仕様にあると思います。以前は、月々の利用料金の請求書が郵送だったので、毎月支払いの金額や契約期間を小まめにチェックできていました。でも、最近はウェブ上で請求書を確認するシステムになってきています。その方が通信会社にとっても紙代や郵送料がなくなるのでコスト削減にもってこいですし、ユーザー側もいつでもチェックできるので便利です。

でも、その結果として、いつでもチェックできるはずのweb請求書を全然チェックしない人が増えていると思います。私の知り合い数人に聞いてみても毎月ウェブ請求書で明細を確認していないばかりか、請求書の存在自体忘れかけている人が大半でした。これも0円での解約を妨げる要因になっているかもしれません。

私は現在、ドコモの「Xiにねん」という現在では新規契約できないプラン(通話は30秒毎に20円の従量制)を音声通話プランのみ利用していますので、2年縛りががっちりかかっています。最初に契約したのが何年前かすら怪しいレベルです(笑)このブログを運営していることからも格安SIMにとても魅力を感じていますが、なかなか引っ越しできないものです。恐るべし、2年縛り

データ通信には0SIMも使っていますが、やはり完全に格安SIMでスマホを使いたいなと常々思っていて、「早く2年縛りが終わらないかな」「ドコモショップで契約期間を確認しようかな」と思案していたところに、ある日、ドコモからお便りがやってきました。

 

ドコモからの便り

その便りがこちらです。※個人情報がある部分は加工してあります。

普段、ドコモから届くのは新しいプランの案内とか新機種のご案内とか営業レターばかりだったのですが、今回は2年契約満了のお知らせでした。っていうか、こんな案内初めて受け取った気がします。

2年縛りはずっと気になる契約だったので、自分のためにもいい機会ですから手紙の中から契約に必要な部分を書き写しました。

拝啓 平素ばドコモの崎品サピスをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
2017年8月31日をもちまして、ご契約いただいております以下の料金プラン契約/割引サービスが契約更新を迎えるため、ご案内をお送りいたします。

携帯電話番号:(私のスマホの番号が書いてありました)
料金ブラン/割引サービス:タイブXiにねん
ご利用機種:SC-06Dセット<Marble White>

■本契約は2年毎の自動更新契約のため、手続き不要で継続いただけます。
継続される場合は2017年9月1日から2年間の定期契約となります。
※2017年11月以降の契約期間途中で解約された場合は所定の解約金9,500円(税別)が発生いたします。
※「ファミ割MAX50」または「タイプXiにねん」をご契約で継続利用期間が10年超となるご契約のお客様は、2017年9月1日から1年間の定期契約となり、2017年11月以降の契約期間途中で解約された場合は所定の解約金3,000円(税別)が発生いたします。

■契約内容変更を希望される場合は、2017年9月1日から2017年10月31日の期間にMy docomoまたはお近くのドコモショップにてお手続き願います。
※上記期間の解約金は発生いたしません。
※回線のご解約につきましてはドコモショップにてお手続き願います。

要約すると、以下の4点になります。

●2017年8月31日を以て、2年契約が終わるけど、手続き不要で再度2年間契約で自動更新される。
●再度契約したら2017年11月以降の途中解約は解約金が9,500円(税別)必要になる。
●継続利用期間が10年を超えていたら定期契約は1年間に減って、途中解約金も3,000円(税別)になる。
●2017年9月1日から10月31日の間だったら、解約金無料でドコモショップで解約できる。

結局のところ、2年縛りで解約金0円で解約しようと思ったら、契約期間終了後の2か月が勝負ということになります。

もちろん、ドコモ側も引き留めを考えているのでしょう、「更新したらdポイントを3,000ポイントプレゼントする」という記載もありました。

まとめ

2年縛りは契約終了後の2か月を見逃すな!

2年縛りの解約について、多分これまでも何かの記事で読んだり、ニュースで取り上げられているのを目にしているとは思います。でも、ほとんどうろ覚えであいまいでしたので備忘録として記事にしました。

これまで何年間か「Xiにねん」を契約していたように記憶しているので、多分、最低でも一度は2年縛りを自動更新されていると思いますが、それでもこういったお知らせは素直にお客様サービスとしてありがたいと思います。

現在、ドコモの音声通話と0SIMをDSDSスマホで運用していますが、ネット速度が気になっていました。(0SIMの速度がどんどん遅くなっている気がする。。。)でも、2年縛りがネックでXiにねんを解約できなかったので、いい機会だなととらえて本格的に格安SIMへの引っ越しを検討したいと思います。(もちろん、第一候補は楽天モバイル!)

ちなみに自分の2年縛りがあとどれくらいで終わるのかって気になる人はショップに行かれたらいいと思いますが、ネットからでも確認できるようです。ドコモ、au、ソフトバンクの契約期間確認方法のリンクを貼っておくので、よろしければご参考になさってください。

ドコモ - 自分の契約内容を確認することはできますか?

au - 2年契約(誰でも割)/1年契約(年割)の「更新月/更新期間」を確認したい(契約解除料や違約金がかからない月の確認方法)

ソフトバンク - 「契約更新月」は、インターネットから確認できますか?

 

 

-ドコモで節約