スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

DMM モバイルで月々の携帯代を節約

2017/02/15

DMM モバイル(DMM mobile)は、CMでも見かけるDMMが運営する格安SIMです。
最大の特徴は「業界最多プラン数・全プラン業界最安値水準」をうたっていることで、他社が安い金額でプランを発表すると随時価格を下げていくので値段重視のユーザーにとってはありがたい会社です。

ドコモのネットワーク網を使っているので、ドコモのスマホを使っているのであればSIMロック解除がいらないのですぐに使うことができます。

どんなプランを扱ってるの?

「業界最多プラン数」を掲げているだけあって、データ量が1GB~20GBまでの9段階(1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、10GB、15GB、20GB)に加えて、最大通信速度は200Kbpsと遅い代わりに使い放題になるライトプランを加えた合計10種類のプランがデータSIMと音声SIMの2パターンあります。

また、8GB、10GB、15GB、20GBのデータ量については最大3人でデータを分け合うことができるシェアプランも提供されています。(ドコモで言う「パケあえる」みたいなやつですね)

各プランの金額は以下の通りです。

シングル(SIM1枚)コース

容量 データSIMプラン 通話SIMプラン
ライト※ 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,280円 3,980円
20GB 3,980円 4,680円

シェア(SIM最大3枚)コース

容量 データSIM最大3枚プラン 通話SIM1枚
+データSIM最大2枚プラン
通話SIM2枚
+データSIM最大1枚プラン
通話SIM3枚プラン
8GB 1,980円 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,190円 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,280円 3,980円 4,680円 5,380円
20GB 3,980円 4,680円 5,380円 6,080円

※金額は税別

電話かけ放題プランも提供

DMMモバイルでは通話プランにも5分以内の通話が無料になる「5分かけ放題」オプションが提供されます。利用料金は月額850円(税別)になります。

通話時間が5分を超えた場合でもその分の通話料は通常30秒毎に20円のところが半額の10円とお得になります。

お得なパケット追加チャージ

DMM モバイルでは契約しているデータ容量が上限に達した場合、パケットを追加で購入(チャージ)することが可能です。

追加分の金額は

追加パケット分 100MB 500MB 1,000MB 1,000MB
(繰り越しなし)
月額 200円 600円 1,100円 480円

100MBずつこまめに追加することもできますが、500MBや1,000MBとある程度まとめてチャージすればお得になるという価格設定になっています。

価格設定の中で特に注目していただきたいのが「1000MB」と「1000MB(繰り越しなし)」です。この金額の違いは前者が購入後3か月後の末日までパケットが有効、繰り越しになります。後者はチャージした月の末日が有効期限になっていて翌月まで持ち越しできなくなっています。

金額が2倍以上違うので、使用頻度によって高速データ通信をON/OFF切り替えたり「1000MB(繰り越しなし)」でパケットを調整してもいいかもしれません。

DMM mobileの便利なツールアプリ

DMMモバイルでは会員専用の無料アプリ「DMM mobileツールアプリ」があります。もちろん、iOS版、Android版両方提供されています。

残りのパケット量をグラフで見られる

「DMM mobileツールアプリ」では高速データ通信の残量があとどれぐらいなのか確認できます。数字とグラフで表示されるので視覚的に確認できて便利です。

スマホでも確認できると思いますが、アプリだと見やすいので動画をみた後や気になった時にもすぐチェックできます。

高速データ通信量を追加チャージ

データが上限になっても「DMM mobileツールアプリ」からすぐに追加チャージを購入できます。

追加できる高速データ通信量は100MB、500MB、1000MBから選ぶことができます。

高速データ通信を切り替え変更

高速データ通信はあればあるで便利ですけど、そうするとすぐにデータ通信分が上限にすぐに達してしまうし、常に必要ではないと思います。

動画や音楽を視聴する時やゲームをする時は高速通信の方がいいいですし、メールやLINEをする時では高速でなくてもいいです。そんな時に「DMM mobileツールアプリ」では高速データ通信のONとOFFの切り替えが可能です。

利用する場面場面で高速低速を切り替えることでパケット量の節約が可能です。ちなみに高速データ通信時の速度は、下り最大375Mbpsで、OFFの低速データ通信時は最大200Kbpsになります。

請求内容を確認可能

今月の請求内容や前の月に支払った金額など最大3か月分の請求内容を「DMM mobileツールアプリ」で確認できます。

数ヶ月分比較することでプランの変更を検討することが簡単にできます。

データ残量通知

「DMM mobileツールアプリ」はその月に利用できる高速データ通信の残りパケット量を確認できますが、それも面倒な人もいるかもしれません。

そんな時は、あらかじめ「DMM mobileツールアプリ」で通知設定しておくことで契約しているプランの高速データ通信量が残り20%になった時点でメールで教えてくれます。

例えば1GBのデータプランであれば、残り高速データ通信のパケットが200MBになった時点でメールが送られてきます。忘れていてもメールで教えてもらえるので便利です。

DMMモバイルには、他にもこんな特徴が。。。

バースト機能は使える?

私は、DMMモバイルを以前契約していましたが、それは価格が安かったこととバースト機能にひかれたのが理由でした。

バースト機能は、ライトプランの時やデータ量の上限による速度制限がされている状態でもはじめの一定量だけ高速通信でネット接続ができるというものですが、正直その恩恵はいただけませんでした。意外と上限までいかないものなんですよね。

地味にありがたいデータの持ち越し

データ使用量は月によって様々です。よく使う月や逆に使わない月もあると思います。DMMモバイルではそんな使わない月にあまったデータ分は翌月に持ち越しできるんです。ちなみに持ち越しできるのと翌月のみですので、2ヶ月連続で全然使わなかったからといって、翌々月への持ち越しはできないのでご注意ください。

自分のデータ使用料がどれぐらいかは専用アプリで確認できるので便利です。

10%のポイント付与

DMMモバイルでは毎月の利用金額の10%分をDMM.comの各サービスで使えるポイントで還元してくれます。申し込みが必要なキャンペーン企画ですが、期限が決まっていないのでしばらく続きそうですね。

様々なサービスをやっている会社の強味かもしれませんが、ポイントの使用期限が1ヶ月なので使いたい人は注意が必要です。

まとめ

安さとプランの豊富さを前面に押し出しているDMMモバイルですが、品質面もそんなに気になることはありませんでした。

また、私は1GBのデータSIMプランを契約していましたが、毎月上限までデータを使いきることがなくデータ量翌月持ち越しの恩恵もあまり感じませんでした。。。

それでも、DMM.comで使える10%分のポイントはかなり還元額だと思うので、普段からDMM.comを利用しているのであれば、DMMモバイルを検討してみてもいいかもしれません。

-DMMモバイル, 格安スマホ(格安SIM)で節約
-, , ,