スマホDE節約

スマホで毎月払うお金を節約する方法をご紹介しています。

SMSでのやりとりを節約するのは難しい

2017/11/15

「SMS」は電話回線を使ったメッセージサービスです。最近ではFacebookやtwitterなどの「SNS」とごちゃごちゃになりがちですが、もちろんあくまでも別物です。二十数年前、まだ携帯電話は普及してもメールサービスは一般的じゃなかった頃は結構使っていました。

でも、キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.jp形式のメールアドレス)が使えるようになってからはSMSを利用する機会は減ってきました。さらにLINEやFacebookのメッセージ機能が普及してからはさらにその頻度は少なくなっていると思います。

じゃあ、SMSは全く使わないのかというとそうでもありません、SMSは電話回線を使うメッセージサービスなのでスマホ(携帯電話)1台にひとつしか存在しません。そのため、ネットサービスの本人認証に使われていたりします。

じゃあ、本人認証くらいしかSMSを利用する機会はないのかというとそうではありません。SMSのメッセージ機能は一見、需要がないように見えて意外とあります。

アラフィフ、アラカンでは現役のSMS

現在、SMSを主に使っているのはある程度年齢が上の方、50代(60代)以上の方ではないかと思います。通常のメールやLINEなどと違って、新しくアプリをインストールしたり、メールアドレスを取得する必要もなくすぐにメッセージのやりとりができるのが使い勝手がいいと感じるのかなと勝手に考えたりしています。

実際、私の父(ちなみにガラケーユーザーです)はもうすぐ70歳ですが、メールのやり取りもできますが、やけにSMSでメールが送られてきます。ひどいときには何度かメールでやり取りをしているのに、返信にいきなりSMSが送られてきたりすることもあります(笑)

もしかしたら、メールとSMSの区別がついていないのかもしれませんが、いずれにしろSMSは相手のメールアドレスが分かっていなくても電話番号さえ分かっていればメッセージを送ることができるので便利なのだと思います。それに別途アプリをダウンロードして、インストールする必要もないので手間がかからないのもいいかもしれません。

慣れている人にとっては、アプリのダウンロードやインストールは手間ではありませんが、父を見ていると元々そういうことに興味が少ないせいか、アプリを使うことにとても抵抗、というより面倒くささがあるように見えます。

いずれにしても、父にとってはこれまで使って慣れているSMSという方がいいみたいです。

SMSに関する勘違い

SMSは電話回線を使っているので、音声通話と同じでSMSは受信は無料です。一方で送信は一般的に3円くらいかかりますよね。少なくとも私はそう思っていました。SMSの送信料を巡って先日、知人とこんなやり取りがありました。

SMSは地味にお金がかかるからイヤなんだよね

相手
え?かけ放題だったらSMSの分も含まれてるんじゃないの?

イヤ、別でしょう。

私自身は電話かけ放題であっても、SMSの料金は別料金で含まれていないという認識でしたがうろ覚えでした。知人は電話かけ放題の料金の中にSMSの送信料も含まれていると思っていたみたいです。そのため、いい機会だし各社の状況とSMSの料金を調べてみました。

え?かけ放題にSMSは入っていないの?

まず、どのキャリアであっても電話をかけた分だけ通話料を払う必要のある格安SIMのようなプラン(従量制プラン、30秒20円の音声通話料がかかるプラン)の場合、SMSの料金はもちろん発生します。そこは当たり前ですね。キャリアの従量制プラン(auのLTEプラン、ソフトバンクのホワイトプラン)も同じになります。

では、かけ放題系サービスのあるドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileでのSMSは料金がどうなっているのでしょうか。

実にシンプルなauのSMS価格設定

国内通話が24時間かけ放題の「カケホ(電話カケ放題プラン)」国内通話が5分間以内であればかけ放題の「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)」はどちらも同じでSMS料金は発生します。

SMS(Cメール)送信料 1回あたり3円
SMS(Cメール)受信料 無料

ちなみに家族割を設定しているケータイ、スマホ同士だったら送信も無料になります。

スマ放題が有利なソフトバンクのSMS

ソフトバンクの場合、国内通話かけ放題の「スマ放題」と5分間以内かけ放題の「スマ放題ライト」では内容が異なります。

スマ放題
SMS送信料 1回あたり3円(ソフトバンクの携帯電話あての場合は無料)
SMS受信料 無料

スマ放題ライト
SMS送信料 1回あたり3円
SMS受信料 無料

Y!mobileもシンプルなのSMS価格

プランが3種類あるY!mobileは、スマホプランS、スマホプランM、スマホプランL、いずれの場合も無料通話は基本的に国内通話が1回10分以内だったら無料というプランなので多分SMSは有料だろうなと思ったら、調べてみたらやっぱりそうでした。

SMS送信料 1回あたり3円
SMS受信料 無料

意外と一番エグかったドコモのSMS

ドコモでもやはりいずれのかけ放題プラン(カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン)ともに、SMSの送信料は含まれていません。しかも、調べてみると文字数に応じて料金が高くなることも判明しました。

一覧にまとめてみました。※文字数は全角で計算しています。

送信文字数 1~ 70文字 71~134文字 135~201文字 202~268文字 269~335文字
1回あたりの料金 3円 6円 9円 12円 15円
送信文字数 336~402文字 403~469文字 470~536文字 537~603文字 604~670文字
1回あたりの料金 18円 21円 24円 27円 30円

まとめ

SMSはかけ放題でも別料金

ドコモだろうが、auだろうが、ソフトバンク、Y!mobileだろうが、電話かけ放題であってもSMSは受信は無料送信は有料(3~30円)ということです。

SMSは大体1回あたり3円しかかからないので、大した出費じゃないと思いがちです。

でも、実はドコモユーザーだったらSMSの料金は文字数によって変わります。これ、意外と知らない人も多いんじゃないでしょうか?こういう細かいお金が積み重なるとひと月に換算すると結構な金額になると思います。(というか以前はSMSは50文字までしかメッセージを送れないと思っていましたが、最近ではその制限がなくなっているんですね)

例えば、ドコモユーザーで知らずすらずの内にSMSで長文のメッセージをよく送っているのであったら、SMSで630文字のメッセージを送るとすると一通あたり30円なので、月に10通、同じような長さのメッセージをSMSで送ったとするとそれだけで300円かかるわけです。

もし、SMSでメッセージをよく送っているようでしたら、いい機会なので可能であればメールやLINEに切り替えてみてはいかがでしょうか。メールやLINE、Facebookであれば音声通話ではなくデータ通信なので、送信料はデータ通信プランの中に含まれますから、追加料金を気にしなくて済みますから、検討してみてください。

LINEだったら、SMSとも画面が少し似ていますから、とっつきやすいのではないでしょうか。

【関連記事】スマホの通信費を節約する時に考えておきたい〇〇

-auで節約, ソフトバンクで節約, ドコモで節約
-, , , , , ,